体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界に先駆けヘルシンキで「無人運転バス」の運用がスタート

世界に先駆けヘルシンキで「無人運転バス」の運用がスタート

日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを繰り返してきました。2016年9月、いよいよ公道に運転手なしの無人バスが走り出します。

世界初!ついに
無人バスが公道を走る

世界に先駆けヘルシンキで「無人運転バス」の運用がスタート世界に先駆けヘルシンキで「無人運転バス」の運用がスタート

日本とは異なり、フィンランドでは公道を走るのに法律上、乗り物に必ずしも運転手が載っている必要はない。世界初の無人バスがこの街を走ることになったいきさつは、この法律が大きく関係していました。

スキー場のゴンドラのような見た目のこの乗り物EZ10は、フランスのスタートアップ企業「EasyMile」が開発したもの。車体の前後左右に搭載されたカメラやセンサーで現在地を把握しながら、あらかじめ地図上に登録した目的地へと向かって移動するそう。世界に先駆けヘルシンキで「無人運転バス」の運用がスタート世界に先駆けヘルシンキで「無人運転バス」の運用がスタート

EZ10には運転席がないだけでなく、前後の概念もありません。通常走行はおよそ時速20キロほど。ちょっとのんびりですが、公道を走る以上、周りの自動車のペースを乱さないため、最大時速は40キロまで出るんだとか。

ちなみに、定員は最大12人乗り(着席6、立席6)。座席には限りがありますが、コンパクトな車体にすることで、狭い道でもス〜イスイ。同じルートをインプットすることで2台、3台と連なって走行する予定もあるようです。

「危ない!」ときは自動停止4台のカメラ&人感センサーが
人や車、障害物を感知

世界に先駆けヘルシンキで「無人運転バス」の運用がスタート世界に先駆けヘルシンキで「無人運転バス」の運用がスタート

けれど、やっぱり無人運転で気になるのは接触や衝突による交通事故。そこは4つのカメラと人感センサーによる鉄壁のセーフティーガードで、距離に応じて減速/停止をすることで事故を未然に防ぐことができる、と開発メーカーはEZ10の安全性能に太鼓判。

また歩行者だけでなく、交差点では「お先にどうぞ」、すれ違う車を待ってから再び動き始めるというから、結構かしこい子なんですね。

早ければ、今年9月から実用スタート

世界に先駆けヘルシンキで「無人運転バス」の運用がスタート
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。