ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビーチに行くと得られる「3つのメリット」。心と体とマインドに好影響!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海は私たちの身体と心、そしてマインドにまでいい影響を与えるという記事が「I Heart Intelligence」で紹介されていました。冷たくて気持ちいいだけではない、3つのポジティブな理由に注目です。

01.
水は「ココロ」にいい

私たちは、人生の始まりから「水」とつながっています。空気中で初めて息をするまで、羊水に浸かっているし、生まれたばかりの赤ちゃんは75%が水分で、年齢を重ねるとともに60%まで割合は下がります。

しかし成人であっても脳は75%が水で、骨においては31%。私たちの祖先は水から地上に上がり、地を這い、歩行へと進化してきたとされているため、人の脳は積極的に「水」に反応するようにできているのです。

カリフォルニア州セントラルコースト近くに住む海洋生物学者兼自然保護論者のウォレス・ニコルズ氏によると、胎児は成長の初期段階で「鰓裂(さいれつ)」の構造ができていて、細胞内の水は海水に匹敵。「水へのこの生物学的なつながりが、脳内の即時応答を誘発する」と、ニコルズ氏はCBSニュースに語っています。

02.
もちろん「カラダ」にもいい

海水は、髪や肌にとっても素晴らしい効果があります。ビーチから戻ってくるたびに私の髪はボリュームが増えるように感じますが、それは塩​​水や塩気を帯びた空気のため。

ブロガーや作家の顔を持つWellness Mama氏によれば、彼女のビジネスにおいて海水スプレーは2番目によく使用する製品とのこと。1番はドライシャンプー。ほとんど無料でハンドメイドできます。25ドルの高級品を購入するか、ビーチに行くのか?

化学薬品なしでも髪に素晴らしい質感とボリュームをもたらしてくれ、難しい髪の手入れやカールの保持にも適してます。

また、塩水に浸ることで関節と筋肉が癒されます。海は小さな切り傷や擦り傷の治癒を促進し、砂には皮膚を剥離して数日間持続する効果もあるんだとか。

03.
海の青は
「マインド」にも好影響

「ストレスの多い環境にいるなら、海に行くのがオススメ」とは、前述のニコルズ氏の弁。水へ近づくことがドーパミンやオキシトシンで脳を満たすことにつながり、ストレスホルモン「コルチゾール」のレベルも下がるそうです。

科学者は、脳が「青色」を好み、水が集中力を増加させると発見。「人の水への対応は深い。それは人間、人生、生存なのだ」とニコルズ氏。「だから、海を見たりその音を聞くと、正しい場所にいるという脳内応答を引き起こすのだ」。Licensed material used with permission by I Heart Intelligence

関連記事リンク(外部サイト)

ビーチの近くで暮らす「9つのメリット」。健康的なライフスタイルには、科学的根拠もアリ!
【ママ必見】子どもに好影響を与える「音楽教育」とは?
水と科学の不思議 「水」はどのように、あなたの心を落ち着かせクリエイティブにしてくれるのか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP