ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】暴れる猛牛が広場や街で暴れまくる「ペルーの牛追い祭り」が超危険!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

危険と言われ続けても、その地に古くから伝わる祭りはなかなかやめられない。ペルーのアヤクチョ州で行われた「牛追い祭り」で今年もけが人が続出。暴れる猛牛を広場に放つという無謀な祭りの危険過ぎる映像が公開された。

https://youtu.be/eLXb4N6uRmI

元々スペイン統治時代に男たちの勇敢さを試す意味で始まったという祭り。守護聖人の祭り上げ、イベントのメインとして行われるのが「牛追い」だ。牛に触ったり、前方を通り抜けると勇者として町のヒーローになれるというが、過去には死者も出るほどの危険な風習。

いきなり勢い良く飛び出して来た牛に背後からぶっ飛ばされる男は、見事に宙を舞いハイサイドから落下。続いて制御不能になり観客席に突っ込む牛にパニック状態の観客たち。

黒い猛牛は広場から飛び出し出店の並ぶ通りで大暴れ。牛追いに関係ない一般人も巻き込み、バイクをなぎ倒す。もはやリングの外でパイプ椅子で殴りあうプロレスラー並の治外法権状態だ。

やられるのは判っているのに勇敢に挑む男たちをみると、もはや「アホなのでは?」と思ってしまうが、これが男たちの闘争本能を煽りまくる祭りの未知なる魔力といえるだろう。

幸いにも今年は死傷者なし、負傷者9名と公式に発表されているが、動物愛護の観点からもこの「牛追い祭り」への反対の声も少なくないという。

関連記事リンク(外部サイト)

【神技】米高校サッカーで体操選手ばりの前転ひねりからの神シュート!
「スタジオジブリ総選挙」中間結果発表! 上位5作品は果たしてどの作品!?
お食事中、失礼します!扉を開けると麗しの令嬢ゾンビがモグモグ…『高慢と偏見とゾンビ』から思わず二度見の本編映像解禁
「お笑い怪獣」明石家さんまの相方を31年間つとめた「犬型宇宙怪獣」明石家まんま
『真田丸』哀川翔が演じる後藤基次の最期とは?主君に疎まれ続けた「遅咲きの名将」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP