ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『Slow LIVE ‘16 in 池上本門寺』でトータス松本とORIGINAL LOVEが共演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏の終わりの風物詩として知られている大人のミニフェス『Slow Live’16』が池上本門寺・野外特設ステージにて9月2日(金)からスタートした。
9月2日(金)@『Slow Live’16』 (okmusic UP's)
このライブはロックアーティストがアコースティックな編成で出演するなど、新たな表現に挑戦することができる場にもなっていてる。しかも古き良き伝統を持ち、都会ながら自然に囲まれる池上本門寺で音楽をゆっくり楽しむことができる。

初日はこのLiveの顔ともいえるORIGINAL LOVE(田島貴男)とトータス松本が登場し「THE SOUL IGHT」と題したLiveになっており、オープニングアクトの蠣崎未来終了後、Live前半は今年『FUJI ROCK FESTIVAL’16』にも出演したトータス松本が登場し、ウルフルズの代表曲、「バンザイ~好きでよかった~」、「サムライソウル」など7曲を演奏し、「今日は同じ歳の田島君とやれるのは嬉しい」と言い、「Liveを始めるきっかけが難しいと」恥ずかしそうな様子だった。ライブの中盤でORIGINAL LOVE(田島貴男)の「接吻」を即興で演奏し始めて「後で本物が出てきますと」いうと会場は大爆笑となり、「このことと同じことをやると同じだけウケル」とさらに会場を賑わせていた。

次にデビュー25周年でこのライブの顔ともいえるORIGINAL LOVE(田島貴男)がアコースティックセットの特別編成で登場し代表曲「接吻」、「朝日のあたる道」など代表曲7曲とアンコール2曲を熱のこもったパフォーマンスをし、「トータス松本のカレーの弟子をしていますORIGINAL LOVE(田島貴男)です」とトータス松本に負けずLive会場を盛り上げた。アンコールでは、「大阪のカレーの町からやって来たトータス松本」と紹介されると俺たち「スパイスボーイズと呼ばれている」とさらに会場を笑わせ、まさにミュージックセッションではなくカレーセッション(?)となった。その後「トランジスタラジオ」をセッションしてこの夜は、間違いなく伝説のソウルナイトとなった。

『Slow LIVE ‘16 in 池上本門寺』は9月4日(日)まで行われ、9月3日(土)Char、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND他、9月4日(日)ハナレグミ、奇妙礼太郎他が出演する。

【セットリスト】

■蠣崎未来(オープニングアクト)

M-1 君の声が聞きたい

M-2 君といると

M-3 A Change is Gonna Come

M-4 無題

■トータス松本

M-1 バンザイ〜好きでよかった〜

M-2 ブランコ

M-3 名星

M-4 接吻

M-5 愛すれば

M-6 サムライソウル

M-7 僕の人生の今は何章目ぐらいだろう

M-8 いい女

■ORIGINAL LOVE(アコースティックセット)

M-1 ゴールデンタイム

M-2 BODY FRESHER

M-3 BLUE TALK

M-4 夢を見る人

M-5 接吻

M-6 朝日のあたる道

M-7 JUMPIN’ JACK JIVE with トータス松本

<ENCORE>

EC-1 トランジスタラジオ(ORIGINAL LOVE×トータス松本)

EC-2 フリーライド

『Slow LIVE ‘16 in 池上本門寺』
9月03日(土) 東京 池上本門寺・野外特設ステージ

<出演者>

Char / 中納良恵(EGO-WRAPPIN’) / OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND / ましまろ / GLIM SPANKY(アコースティック2人編成) / 土岐麻子 / 1983(オープニングアクト)/annie the clumsy(オープニングアクト)

9月04日(日) 東京 池上本門寺・野外特設ステージ

<出演者>

ハナレグミ / 奇妙礼太郎 / 堀込泰行 / 野宮真貴 / チャラン・ポ・ランタン / NakamuraEmi / 阪本奨悟(オープニングアクト)/優河(オープニングアクト)

※雨天決行 荒天中止

9月2日(金)@『Slow Live’16』 (okmusic UP's)
9月2日(金)@『Slow Live’16』 (okmusic UP's)
9月2日(金)@『Slow Live’16』 (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。