ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現行と旧型の見分けがつきにくいアウディはお手頃な旧型で実は十分という新説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

▲写真は旧型アウディ A4だが、「現行型です」というキャプションを付ければ、詳しくない人はそう信じてしまうほど、新旧アウディのビジュアルと雰囲気は似ているかもしれない

中年はAKBの見分けがつかず、非車好きは新旧アウディの見分けがつかない

昨年夏に登場した現行のアウディ TTおよび今年初めに登場した現行A4/A4アバントを、このところ街で見かける機会が増えてきた。そうした際に一瞬思うのは、「……アレって現行か? それとも旧型?」ということだ。遠目からは一瞬見分けがつかないのである。

さすがに筆者は自動車メディア業界の末席に身を置く人間なので、一瞬ではなく「ニ瞬」めには「あぁ、現行型か。最近は増えてきたな」と正しく把握できる。しかし輸入車にさほど詳しくない人からすると、現行も旧型もたぶんほとんど見分けがつかないのが、このところのA4シリーズおよびTTのデザインなのではないか。

「冗談じゃない。そもそも性能も全然違うけど、デザインだってずいぶん違うじゃないか!」と、アウディ愛好家は言うかもしれない。

わたしもアウディに詳しくないわけではないので、それはわかる。が、「門外漢の視線」というのはそんなモンなのだ。筆者はアウディにはそれなりの興味があるため、ワンテンポ遅れてだが現行と旧型の見分けはつけられる。しかし今流行っているらしいAKBなんたらの人たちの顔は、興味ゼロであるため実はほとんど見分けがつかない。輸入車に興味がないAKBファンの人から見た現行A4と旧型A4だって、おそらくはそんな感じに見えているはずなのだ。

であるならば……これは「硬派自動車愛好家道」からすると完全に邪道なのは承知だが……素人目には現行型との見分けがほとんどつかない旧型のアウディ A4/A4アバントまたはTTを格安プライスで購入し、周囲から「おおっ! なんか高そうなアウディ買ったじゃん! すげえなお前!」と言われてみるのも、なかなかオツな購買行動なのではないかと思うに至った。

▲これは08年3月から16年1月まで販売された旧型アウディ A4

▲そしてこちらは16年2月からの現行アウディ A4。違うといえば違うし、似てるといえば似てる?

▲こちらの写真は08年8月から16年3月までの旧型アウディ A4アバント

▲で、こちらはセダンに2ヵ月遅れて16年4月に登場した現行アウディ A4アバント

▲さらにこちらは、06年10月から15年7月にかけて販売された旧型アウディ TT

▲目の形などが違うといえば違うが、似てるといえば似ている現行アウディ TT。登場は15年8月

旧型なら走行5万km以下の物件もおおむね160万円以下

ただ、中古車評論家を自称するわたしも毎日いちいちアウディの中古車相場をチェックしているわけではないので、旧型のA4シリーズおよびTTが本当に「格安プライス」なのかどうかは知らない。ということでカーセンサーnetにて調べてみると……確かにこれはお安い!

走行距離5万km以下の「まあまあ好条件」と思われる物件に絞っても、セダンのA4は最初期08年式の1.8 TFSIをおおむね120万~150万円の車両価格で探すことが可能。人気のステーションワゴンであるA4アバントも、同じく走行5万km以下の1.8 TFSIを140万~160万円あたりで見つけられる。ちなみにこちらの年式は08~10年式付近だ。

旧型アウディ TTはどうだろうか? こちらは走行5万km以下の格安物件はやや少なめだが、それでも車両価格150万~160万円付近で07年式の2.0 TFSIが何台か流通している。A4およびA4アバントと比べると1~3年ほど古い年式にはなるが、美観および整備履歴に優れる個体に巡り合うことができたなら、これまたナイスな選択になる可能性は高い。

▲いまだシュッとした雰囲気を感じさせる旧型アウディ A4のリアビュー

▲こちらもシュッとしている旧型アウディ A4の運転席まわり(写真はMTの本国仕様)

あらためて問う。この2台ってだいたい同じに見えません?

問題は、これら格安予算で購入する予定の旧型モデル各位が、現行モデル各位に匹敵するほどの各種能力を本当に備えているのか? ということだ。能力といってもいろいろあるので、二つの項目に分けて考えてみよう。まずは「ビジュアル能力」。旧型と現行は本当にほぼ見分けがつかないのか? そもそも旧型は今もイイ感じの雰囲気を醸し出せているのか?

これについてはあらためて新旧の画像を掲載し、各自の判断に任せるしかない。一例としてアウディ A4セダンでやってみよう。

▲こちらは旧型のアウディ A4

▲そしてこちらが現行。……どうだろうか?

……自動車マニアとしての目線で見ると「やっぱ全然違うかな?」とも思うが、まるで筆者がAKBの皆さんを見るような目線で見てみると、「……ま、ほとんど同じだな」とも感じる。判断は人それぞれだろうが、少なくとも「旧型A4のルックスもまだ全然イケてる!」ということは言えるのではないかと思う。

お次は「車としての純粋な能力」だ。つまり、ゆったり走るときは安楽に、そうでないときは快活に、なるべく故障しないで、極力ガソリン消費を抑えながら走る能力……等々である。これについては正直、比べるまでもなく現行モデル群の圧勝だ。現行と旧型では開発タイミングが約8年も違うので、圧勝してくれないことには逆に困る。ただ、ごく普通に市街地や高速道路を走行し、希に旅行などでロングドライブをする程度の使い方であるならば、「旧型でも全然十分っちゃ十分」という見方もできることを、我々は忘れるべきではないだろう。

結局のところ、「旧型アウディ A4シリーズおよびTTは今なお魅力的なのか?」という問いに対しては「各自の価値観に基いて判断するほかない」という、やや投げっぱなしな答えにならざるを得ない。また、「安く買える旧型で見栄を張ろうと思うのがそもそもダサい」という硬派な見方もあるだろう。そこについては筆者もある程度同意する。

しかしそれでもなお、新型が300万円以上することを考えると、車両価格160万円以下というなかなかのお手頃プライスで走行5万km以下の個体が買えてしまう旧型アウディの中核モデル群は、様々な可能性を秘めた魅力的な選択肢であると確信している不肖筆者なのだ。

【関連リンク】

車両価格160万円以下、走行5万km以下の旧型アウディ A4/A4アバント/TTを探すtext/伊達軍曹

photo/アウディ

関連記事リンク(外部サイト)

車両価格160万円以下、走行5万km以下の旧型アウディ A4/A4アバント/TTを探す

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP