ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人口あたりの宝くじ当選本数1位東京2位富山3位静岡

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 平成27年度の「都道府県別高額当せん発生状況」が、全国自治宝くじ事務協議会から発表された。

 これは、平成27年4月から今年3月までに、1000万円以上の当せん宝くじ(スクラッチは除く)2594本が、“どこで誕生した”のか、都道府県別に集計したものだ。

 当せん本数では、1位が東京、2位が大阪、3位が愛知となっており、販売枚数の多さがそのまま当せん本数にも比例している。

 これを各都道府県の人口1人あたりで計算してみると、意外な結果になった。

「ジャンボ宝くじ」の場合、1位が東京で5万6307人に1本、2位が富山で6万2758人に1本、3位が静岡で7万4024人に1本となり、東日本がベスト3を独占している。

 なお、数字選択式を含めたすべての宝くじを総合した、もっともよく当たる都道府県1位は高知(2万4282人に1本)で、最下位の島根(9万9170人に1本)と比較すると、当せん確率は4倍に。

 こういった統計をもとに、ツイている都道府県で宝くじを購入するのもいいかもしれない。

※女性セブン2016年9月15日号

【関連記事】
宝くじ 1000万円以上の当選本数が増加したのは岩手や沖縄他
宝くじ「都道府県別高額当せん」本数増ランキング1位は島根
宝くじ当たりやすい県は熊本、沖縄、石川との調査結果出る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP