ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【独占記事】ジョン・ファヴローが映画『Spider-man:Homecoming(原題)』に映画『アイアンマン』で演じた役で出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

jon-favreau-spider-man-homecoming

ロバート・ダウニー・Jrがトニー・スターク役で再び出演することは既に決まっているが、米ソニー・ピクチャーズとマーベルは、映画『アイアンマン』シリーズでよく知られた人物を、『スパイダーマン』シリーズの新作に登場させようとしている。

情報筋によると、映画『アイアンマン』シリーズでスタークの運転手ハッピー役を演じたジョン・ファヴローが、映画『Spider-man:Homecoming(原題)』に出演する予定だ。

このニュースに対し、マーベルとソニーはコメントしていない。

本作は現在、アトランタで撮影が進んでいる。トム・ホランドが主役のピーター・パーカーを演じ、ジョン・ワッツが監督する。このほか、過去数週間に出演が決まった俳優陣には、ローガン・マーシャル=グリーン、ドナルド・グローヴァー、ゼンデイヤ、トニー・レヴォロリなどがいる。

プロデューサーはエイミー・パスカルとケヴィン・ファイギ。ストーリーの詳細は未だ極秘だ。映画『お!バカんす家族』で監督を務めたジョン・フランシス・デイリーとジョナサン・ゴールドスタインが脚本を担当した。

ファヴローは『アイアンマン』シリーズの最初の2作品で監督を務めるなど、マーベルの映画分野に大きく貢献した 。最近では、米ウォルト・ディズニー・カンパニーの実写版映画『ジャングル・ブック』を監督し、全世界で9億ドル以上の興行収入を稼ぎ、続編の製作も進んでいる。俳優としては、映画『Team Life(原題)』にヴィンス・ヴォーンの相手役として登場する。

彼はCAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)と代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。