ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性の「大好き!」満載の奈良へ行く! イマ女子旅いくならココがオススメ20選!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女性の「大好き!」満載の奈良へ行く! イマ女子旅いくならココがオススメ20選!

奈良

古墳時代より日本の中心地であった時間も長い、古都奈良。

その悠久の歴史は、脈々と現在まで積み重なり、深みのある魅力的な場所もたくさん。

鹿に癒されつつ「古都奈良の文化財」8資産群を巡り、歴史に想いを馳せる女子会旅行に出かけよう!

仲の良い友達と奈良の女子旅で、一生残る素敵な想い出作っちゃおう!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

東大寺

東大寺

若草山の麓に広大な寺域を占める巨刹。奈良の大仏で親しまれる盧舎那仏始め国宝,重文級の文化財が多い。世界遺産「古都奈良の文化財」の8資産群のうちのひとつ。

\口コミ ピックアップ/

大きな大仏様を見るのも楽しみですが、大仏殿の中に、大仏様の鼻の穴と同じ大きさの穴のあいている柱があります。無事に通り抜けると、無病息災に過ごせるとか、頭が良くなるとかご利益があると言われています。子どもなら難なく通れる大きさですが、大人はきついかもしれません。でも、ちょっと挑戦してみたい気になってしまいます。 東大寺

住所/奈良県奈良市雑司町406-1

「東大寺」の詳細はこちら

東大寺金堂(大仏殿)

東大寺金堂(大仏殿)

正面裳階上に観相窓があり,大晦日と万燈供養会時に扉があき,中門から大仏さまの顔が拝める。現在の大仏さまは高さ16m余,顔の長さ5m弱,目の長さ2m弱と大きいが、大仏さまも大仏殿もこれでも創建時より小さいという。

\口コミ ピックアップ/

教科書で見たり、子供の頃の修学旅行や遠足などで訪れたりしていましたが、大人になって大仏を見ると、蓮弁の一つ一つの模様や、光背など造形の一つ一つをじっくり鑑賞でき、よかったです。 東大寺金堂(大仏殿)

住所/奈良県奈良市雑司町406-1

TEL/0742-22-5511

「東大寺金堂(大仏殿)」の詳細はこちら

興福寺

興福寺

五重塔を配した境内は出入りが自由で,天平彫刻をはじめとする寺宝の数々は見事。創建時の建物はない。世界遺産「古都奈良の文化財」の8資産群のうちのひとつ。

\口コミ ピックアップ/

見応え十分。歴史を感じる建造物が多数あり、無料で拝観できるのはうれしいです。宝物館には有名な阿修羅像を見ることができます。五重の塔は迫力あります!! オススメなお寺です。 興福寺

住所/奈良県奈良市登大路町48

TEL/0742-22-7755

「興福寺」の詳細はこちら

唐招提寺

唐招提寺

唐僧鑑真創建の大寺。美しいエンタシスの柱で有名な金堂には天平仏が並ぶ。世界遺産「古都奈良の文化財」の8資産群のうちのひとつ。

\口コミ ピックアップ/

出来た当初は本当に千本の手があったと言われています。金堂の中の仏像は廬舎那仏坐像を中心に巨大な薬師如来、千手観音が居並びその迫力に圧倒されます。天平建築の金堂は「天平の甍」で有名です。

開山堂の鑑真大和上御身代わり像は、年に数日しか開扉しない国宝の和上像に代わって毎日参拝して頂く目的で制作したものです。3時を過ぎてたので人もまばらでし~んと静まりかえっていたので落ち着いてじっくり仏像を見る事ができました。 唐招提寺

住所/奈良県奈良市五条町13-46

TEL/0742-33-7900

「唐招提寺」の詳細はこちら

元興寺

元興寺

飛鳥寺を創建とする大寺元興寺僧房の一つを改築したもので、智光曼荼羅・五重小塔など、寺宝が多い。かつては南都七大寺の一つといわれた。現在は極楽坊境内、東大塔(五重塔)跡や西小塔院跡が国の史跡として指定されている。世界遺産「古都奈良の文化財」の8資産群のうちのひとつ。

\口コミ ピックアップ/

元興寺地蔵会に行って来ました。地蔵盆も奈良町では、世界遺産の元興寺で開かれます。1日目は、子供達も沢山来て夜店で楽しんだり、レクレーションをしたりしていました。土を捏ねた皿に、家内安全や健康祈願などの文字を書き、植物油を入れて火を点けたのが何百も並んでいるのを見るのが目的の方も多数来られています。一度来たらまた来たくなるような静かな幽玄の世界が楽しめます。 元興寺

住所/奈良県奈良市中院町11

TEL/0742-23-1377

「元興寺」の詳細はこちら

平城宮跡

平城宮跡

和銅3年(710)に元明天皇によって藤原宮より遷都し,延暦3年(784)長岡に都が移るまで,首都として日本の政治・経済・文化の中心地になっていた平城宮は,東西1.25km,約125haの広大な原っぱとしてかつての栄華の面影を留めている。唐の長安をモデルにして造ったといわれる平城京は,囲りに高い土塀と堀をめぐらし,大路を碁盤の目のように整然と配列した中に,大極殿・内裏・朝堂院・東院・官庁街などを配したものだった。

この大規模な都城建設のために,諸国から役夫が集められたが,それらの役夫は雨の日以外は休みなしに働かされたため逃亡する者も多く,また,労役の期間が終わって帰郷する途中に餓死する者も少なからずいたと伝えられている。遺構展示館・平城宮跡資料館や,平成10年に復原が終了した朱雀門,東院庭園があり見学できる。世界遺産「古都奈良の文化財」の8資産群のうちのひとつ。

\口コミ ピックアップ/

歴史教科書なんと驚く平城京やせんとくん問題で有名な平城宮跡。

現在は立派な朱塗りの朱雀門などしかありませんが大極殿を復元したり、平城宮の中央を分断し大変景観を損なっている近鉄奈良線が地下化される予定など数年後が楽しみです。

建物があまりないと書きましたが逆にそれが千年以上昔の政治の中心を想像出来てゾクゾクしました。

私の奈良一番のお気に入りスポットです。 平城宮跡

住所/奈良県奈良市佐紀町

TEL/0742-30-6753

「平城宮跡」の詳細はこちら

薬師寺

薬師寺

天武天皇の皇后病気平癒を祈願して建立された古刹。裳階つき三重塔と仏教美術の秀作といわれる薬師三尊がある。世界遺産「古都奈良の文化財」の8資産群のうちのひとつ。 国宝東塔は、解体修理工事のために平成22年晩秋頃から約10年間ご覧頂くことができません。 東塔以外は、平常とおり参拝ができます。

\口コミ ピックアップ/

薬師寺の伽藍の建築物は、国宝の三重塔以外は、昭和以降に復興されたものです。

カラフルな建築物はとても絢爛豪華で、創建時の姿を彷彿とさせます。

国宝の薬師三尊像、聖観音像は必見です。 薬師寺

住所/奈良県奈良市西ノ京町457

TEL/0742-33-6001

「薬師寺」の詳細はこちら

春日大社本社本殿

春日大社本社本殿

現本殿は文久3年(1863年)に建造され,春日造の形式を示す典型的な遺構である。なお春日大社には,本殿を含めて27棟が重要文化財に指定されている。

\口コミ ピックアップ/

パワ-を持った、不思議な木がたくさんあります。奈良に都が出来たころ日本の国の繁栄と、国民の幸せを願って創建されました。神社には様々な木があり、藤の花房が砂に擦れるほど長い「砂ずりの藤」があります。残念ながら花は、まだ咲いていませんでした。

又、高倉天皇の御献木のリンゴ木や古来風神の威徳をもって種子が集められたと言われる(イスノキ、山桜、椿、南天、ニワトコ、藤、カエデ)七種が共生する珍しい木で、やどり木であることから子授けの霊木と、崇められているそうです。直会殿の屋根を突き抜ける程の大杉も見ごたえがあります。 春日大社本社本殿

住所/奈良県奈良市春日野町160

TEL/0742-22-7788

「春日大社本社本殿」の詳細はこちら

春日山原始林

春日山原始林

奈良時代より春日大社の神域として樹木の伐採が禁じられてきたため,約千種類の植物が繁茂しています。原始林の周りの遊歩道を歩いていけば古代のままの美しい紅葉が広がります。

\口コミ ピックアップ/

春日大社から若宮神社をお参りして志賀直哉旧居へ行くために原始林の中の道を歩きました。

街中にあるとは思えないくらい広くて深い原生林で、本当にびっくりしますね。

長い歴史の中で大切にされてきた聖域であることがよくわかって歩いていて感動してしまいました。 春日山原始林

住所/奈良県奈良市春日野町

TEL/0742-22-0375

「春日山原始林」の詳細はこちら

若草山

若草山

一面芝におおわれたなだらかな山で,丸い丘が3つ重なった形から三笠山とも呼ばれる。山頂からは大仏殿や五重塔、さらに奈良市街が一望でき、素晴らしい眺めが楽しめる。

\口コミ ピックアップ/

奈良市内を見下ろせます。頂上まで登るには少し体力がいりますが、頂上に着くと奈良市内が見下ろせ、心地良い風が気持ち良いです。鹿さんもちらほらいるので、入山前に鹿せんべいを用意しておきましょう。 若草山

住所/奈良県奈良市春日野町

TEL/0742-22-0375

「若草山」の詳細はこちら

奈良公園

奈良公園

総面積約502.38ha・東西約4km・南北2kmという自然公園で,春日山・若草山をはじめ興福寺・東大寺・春日大社なども含まれる。

\口コミ ピックアップ/

鹿好き!かわいい鹿が普通に生活している姿を間近で見ることができ、専用の餌も与えることができます。奈良の人には普通でしょうが、初めて行った時はかなりのインパクトでした。 奈良公園

住所/奈良県奈良市雑司町

TEL/0742-22-0375

「奈良公園」の詳細はこちら

ならまち

ならまち

ならまちは千二百余年前の都「平城京」の道筋をもとにしており,中世には東大寺・興福寺・春日大社などの門前町として栄え,「南都七郷」などともよばれていた。江戸時代になると,晒や酒造,墨,甲冑,一刀彫などの色々な産業が興り産業の町としても栄えた。

中でも,元興寺界隈は奈良時代に平城京の七大寺の一つとして大きな伽藍を有していた元興寺が中世以降衰退したため,その境内地へ民家が建ち並び,新しい町並みが形成されたのがその起こりといわれる。そのため極楽坊,塔跡,小塔院などに元興寺の往時の姿をわずかにとどめるのみとなり,今日では,この界隈は町家の建ち並ぶ一角となっている。

\口コミ ピックアップ/

興福寺を見に行った帰りに、たまたま迷い込んだところ、奥深さにびっくり。

きっかけは、昼食に入った「まほろば」で。工藝品に包まれながら、体に優しい料理を味わいました。

女将さん?のお勧めでさらにエリアの奥の散策へ。

目的地に着く前に「にぎわいの家」を発見。

大正時代の商家の贅沢に圧倒されました。

エリア内には、色々な展示施設の他、小物のお店、軽食屋さんがあちこちに。

曲がりくねった道を抜ける楽しさもあり、散歩好きにはたまらないエリアです。 ならまち

住所/奈良県奈良市中院町

TEL/0742-34-4739

「ならまち」の詳細はこちら

大神神社

大神神社

日本最古の神社の1つ。大和の国一の宮、三輪明神として親しまれている。祭神は大物主大神。蛇神であり、国造り・医療・酒造・方除等、人間の生活全般の守護神である。三輪山を御神体とするため、本殿はなく拝殿の奥にある三ツ鳥居を通して三輪山を拝む、古代の信仰形態を現在に伝えている。拝殿・三ツ鳥居は重要文化財であり、三つ鳥居は明神鳥居3つを1つに組み合わせた特異な形式のものである。

\口コミ ピックアップ/

日本最古の神社、三輪山を御神体と仰ぎ、本殿はなくスナップは拝殿です。その姿は厳かで堂々としていました。

しめ縄を繋げたような鳥居は特徴があって歴史を感じますね。

拝観者たちの信仰の深さを感じる神社です。

やはり永い歴史の中で民衆の心の中に浸透していたからでしょうね。 大神神社

住所/奈良県桜井市三輪1422

TEL/0744-42-6633

「大神神社」の詳細はこちら

天河大辯財天社

天河大辯財天社

日本の三大弁天のひとつに数えられているこの天河大弁財天社では、中央にその弁才天女、右に熊野権現(本地仏:阿弥陀如来)左に吉野権現(蔵王権現)がお祀りされており、神仏習合の形態を今も残しています。また、神社は吉野熊野本宮あるいは吉野総社として、大峯修験の要の行場とされ、古来、高僧や修験者たちが集まりました。とくに弘法大師空海の参籠後は、大峯参り、高野詣と併せて多くの人々が訪れるところとなりました。

水の精である弁財天女は、音楽や芸能の神様としても有名です。京都の観世界による能の奉納が現在も毎年行われ、世阿弥も用いたとされる阿古武尉の面、能楽草創期からの価値の高い能面、能装束が多数奉納されています。江戸時代、放浪の僧円空も大峯の地で修行され、弁財天社にはその傑作とされる「大黒天」も奉納されています。そのお姿は、やさしい笑顔がこころに残る円空の仏像で、やすらぎを語りかけているかのようです。

\口コミ ピックアップ/

“縁がなければ、たどり着けない場所”とも言われ

「来るべき時期が来ないとたどりつけない」

「神様に呼ばれた人が行くところ」などの言い伝えがあるとか。

旅館で一泊して、お宿の車で送ってくれました。

結構な距離ですのにありがたい。

タクシーだと¥2000ほどだそうです。

なにせバス便が少ないですから、戻りは、弁財天から天川河合のバス停まで徒歩で30分歩きました。

境内は広くはないですが、綺麗な能舞台があります。

天石が3か所にあります。

道を挟んで大きなイチョウの大木があります。 天河大辯財天社

住所/奈良県吉野郡天川村坪内

TEL/0747-63-0558

「天河大辯財天社」の詳細はこちら

五百羅漢

五百羅漢

壷坂寺から高取城跡につづく山腹巨岩に掘られた無数の石仏群で、「親に会いたくば、五百羅漢の堂にこもれ」という例えがあります。 本多因幡守が高取城築城のころ、石工などに作らせたものとされています。(他にも諸説あり)

\口コミ ピックアップ/

かなり見応えあり。奈良県内には有名な石仏ポイントがいくつかありますが、ここ高取城跡の壺坂石仏もはずせない名所です。壺坂寺から徒歩で約1時間30分ほどかかりますが、ハイキングがてらに行くと良いでしょう。五百羅漢の石仏はスケールもあり、わざわざ行って見てくる価値は大です。 五百羅漢

住所/奈良県高市郡高取町壷阪香高山

TEL/0744-52-2016

「五百羅漢」の詳細はこちら

みたらい渓谷

みたらい渓谷

エメラルドグリーンに輝く神秘的な淵。大小様々な滝と巨岩を縫い底まで透けて見える清流が流れるみたらい渓谷には、川沿いに遊歩道が整備され、つり橋からは滝を上から眺めることもでき、まさに絶景。新緑がきらきら輝く春、水しぶきに川サツキが美しい夏、まさに天から降ってくるように山頂から色付き全山紅葉の錦秋、山水画の冬と、四季折々の景観は、近畿地方随一の美しさとたたえられています。

\口コミ ピックアップ/

穴場は天川川合側の休憩所辺りから洞川側の休憩所までの渓流沿いの遊歩道でしょうか。ゆっくり歩いて2時間位でした。みたらい遊歩道入口から出口の本当に真ん中辺りにあります。遊歩道を全部歩くとなると結構大変かもしれません。今回は渓流目当てだったんですが、みたらい渓谷の水は透明度が高く、深い所だと綺麗なアクアブルーでとても綺麗でした。

両休憩所の近くにそれぞれ川に下りれる所があり、実際靴を脱いで川の冷たさが感じられて楽しかったです。滝の近くの遊歩道は天然のクーラーみたいで少しいるだけで汗が引っ込みました。休憩所のレストラン?(看板にはそう書いてある)で食べられる鮎、あまごの釜飯が美味しかったです。 みたらい渓谷

住所/奈良県吉野郡天川村北角

TEL/0747-63-0999

「みたらい渓谷」の詳細はこちら

明日香村

明日香村

村内を流れる飛鳥川流域に飛鳥時代の史跡・古墳・古社寺を数多く残し,万葉の世界の雰囲気を今にとどめる。

\口コミ ピックアップ/

桜の時期と紅葉時期がお勧め。派手さはないけど人ごみに揉まれることなく自分のペースで楽しめる。点在する割烹料理屋は京都に出しても負けないレベル。 明日香村

住所/奈良県高市郡明日香村岡55

TEL/0744-54-2001

「明日香村」の詳細はこちら

吉野山

吉野山

役行者が大峰山を開いて以来、修験道の聖地であり義経悲話の舞台や南北朝の中心になるなど歴史上の地。

\口コミ ピックアップ/

とても混雑すると聞いていたので、8時台に吉野駅に到着すると、スムーズに回れました。吉野駅からバスを乗り継いで、一気に奥千本までのぼると、あとは下りなので歩きで大丈夫でした。感じのいいレストランやカフェはすごく混雑しているので、ちょっとしたお弁当と飲み物を持って行くとよかったです。

おすすめは吉野の柿の葉寿司。これも午後になるとメチャクチャ混むので、事前に予約しておきました。個人的には、中千本より上の雰囲気がのんびりできて好きでした。 吉野山

住所/奈良県吉野郡吉野町吉野山

TEL/0746-32-3081

「吉野山」の詳細はこちら

東海自然歩道

東海自然歩道

コース内には,吊り橋,滝,曽爾高原と景勝地が盛りだくさん。

\口コミ ピックアップ/

東海自然歩道とは東京の「明治の森高尾国定公園」(東京都八王子市)と、大阪の「明治の森箕面国定公園」(大阪府箕面市)を結ぶ、約1697〓に及ぶ自然溢れる遊歩道。ルートは1都2府8県に及び、 東京都・神奈川県・山梨県・静岡県・愛知県・岐阜県・三重県・滋賀県・奈良県・京都府・大阪府を通っています。 東海自然歩道

住所/奈良県宇陀郡曽爾村

TEL/0745-94-2106

「東海自然歩道」の詳細はこちら

めえめえ牧場

めえめえ牧場

愛らしい羊たちがお出迎えしてくれる「めえめえ牧場」。モコモコと全身が毛で覆われた姿は愛嬌たっぷりです。牧場内では羊せんべいを販売しており、自由にあげることもできます。また、牧場の周りには芝生広場が広がっており、羊を見ながらお弁当を食べることもできます。

\口コミ ピックアップ/

可愛い羊たちと触れ合える、山添村の『めえめえ牧場(めえめえまきば)』ここは鹿せんべいならぬ「ひつじせんべい(@100円)」が!料金は緑のボックスへ投入しておくセルフ販売です。なお、ひつじせんべいはネコやカラスに狙われるので、窓は必ず閉めておくように…とのことでした!!

春には羊の赤ちゃんがみることができます^^ めえめえ牧場

住所/奈良県山辺郡山添村北野

TEL/0743-86-0131

「めえめえ牧場」の詳細はこちら

※この記事は2016年8月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

0円&格安!気軽に行ける!近場の遊び場10選【東海】
女性の「大好き!」満載の兵庫へ行く! イマ女子旅いくならココがオススメ20選!
今が旬♪おいしい!楽しい!秋の味覚狩り体験5選【九州】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。