ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野田洋次郎(RADWIMPS)のソロプロジェクト“illion”、ニューシングルの詳細発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

illion(イリオン)の3年ぶりとなるニューアルバムの詳細が発表された。10月12日に発売される新作のタイトルは『P.Y.L』。デザイナー永戸鉄也によるアートワークも公開された。

CDには先行配信されている「Water lily」含む新曲10曲に加え、前作『UBU』に収録されていた「BRAIN DRAIN」のLinn MoriによるREMIXをボーナストラックとして収録。また、初回限定盤は、CD+DVDの2枚組で、さらにアートブックが盛り込まれた62ページの豪華特殊パッケージ仕様となっている。

このアートブックを手掛けたのは、韓国の新進気鋭クリエーター、JaeHoon Choi氏。野田本人がinstagramにて偶然彼の作品と邂逅し、直接コンタクトをとって制作を依頼した。

初回限定盤のDVDには、ロンドンで行われた初ライブの映像や、街頭ビジョンのみで公開されていたAbbey Road Studiosでの「BRAIN DRAIN」スタジオライブ映像、「MAHOROBA」「BEEHIVE」のミュージックビデオに加え、新曲「Water lily」のミュージックビデオ、そして今年7月に新木場STUDIO COASTで行われた、illion初のJAPAN TOURより「Water lily」のライブ映像も追加収録されることが発表された。

さらに、新作『P.Y.L』のアナログ盤も、同じく10月12日に発売が決定。重量盤2枚組にて発売される。また、新作『P.Y.L』のCDショップ購入者特典も決定。アートブックを手掛けたJaeHoon Choiの書き下ろしによる貴重なアートポスターが対象店舗にて先着で配布される。対象店舗は、TOWER RECORDS、TSUTAYA RECORDS、ローソンHMV、上記以外のCDショップにて、それぞれ4種類のオリジナルカラーで制作されている。詳しくはillionオフィシャル・サイトへ。今後の動向にもご注目いただきたい。

アルバム『P.Y.L』
2016年10月12日発売

【初回限定盤】(CD+DVD+アートブック)

WPZL-31220/1/¥3,500+税

※初回限定盤特典

・アートブック付スペシャルパッケージ仕様

・2013 年にロンドンで行われた初ライブの映像6曲

・2016年の東京公演1曲

・Music Clip4曲

・メイキング1曲が収録されたDVD付

【通常盤】(CDのみ)

WPCL-12431/¥2,500+税

<収録曲>

■CD

01.Miracle

02.Told U So

03.Hilight feat.5lack

04.Water lily

05.85

06.P.Y.L

07.Dream Play Sick

08.Wander Lust

09.Strobo

10.Ace

11.Brain Drain [Linn Mori Remix] *bonus track

■DVD※初回限定盤のみ

[Live show at London, O2 Shepherd’s Bush Empire 2013]

01.BEEHIVE

02.LYNCH

03.γ

04.MAHOROBA

05.BRAIN DRAIN

06.GASSHOW

[Live show at Tokyo, STUDIO COAST 2016]

01.Water lily

[Music clip]

BRAIN DRAIN [Performed in Abbey Road Studios]

MAHOROBA

BEEHIVE

Water lily

MAHOROBA [Music clip making]

◎歌詞・対訳付

◎ボーナストラック「BRAIN DRAIN [Linn Mori Remix]」収録

【アナログ盤】

HRLP047/48/¥4,500+税

※180g 重量盤2枚組

※ボーナストラック「BRAIN DRAIN [Linn Mori Remix]」収録

※歌詞・対訳付

※アナログジャケットサイズアートポスター付

<収録曲>

■side-A

1.Miracle

2.Told U So

3.Hilight feat.5lack

■side-B

1.Water lily

2.85

■side-C

1.P.Y.L

2.Dream Play Sick

3.Wander Lust

■side-D

1.Strobo

2.Ace

3.BRAIN DRAIN [Linn Mori Remix]※bonus track



カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP