ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名作仮タイトル「四十肩にはまだ早い」は誰の曲?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜11時30分からの番組「BEAT PLANET」のワンコーナー「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」(ナビゲーター:亀田誠治)。8月31日(水)のオンエアは、楽曲につける「仮タイトル」の秘密をひも解いていきました。

「楽曲の制作途中では、歌詞のイメージがまとまっていなかったり、アレンジやサウンドができあがっていく時点で楽曲のムードやアーティストの心境が変わったりして、タイトルが全く違ったものに変わることが多くあります。そのため、仮のタイトルがついていることがあるんです」(亀田、以下同)

ということで、おなじみの曲の「仮タイトル」を紹介しました。

■宇多田ヒカル「Flavor Of Life」←「安くておいしいミカン」

果たして、なぜこのタイトルになったのかはわからず、亀田も「ヒッキー、今度教えて!」と言っていました。ちなみに、宇多田さんの復帰作「花束を君に」の仮タイトルは「差し入れカプチーノ」だとか。こちらも理由は謎です(笑)。

■BOØWY「CLOUDY HEART」←「ロックンロール」

「そのまんまという感じですが、もしかしたら、レッド・ツェッペリンの『ロックンロール』とかから、リスペクトの気持ちを込めて、とっているもかもしれませんね」

とのこと。さらに「RAIN IN MY HEART」の仮タイトルは「四十肩にはまだ早い」だったそうです!

■松任谷由実「DANG DANG」←「土用波」

これも変わった「仮タイトル」ですが、曲を最後まで聴くと歌詞に出てきます。

■GLAY「口唇」←「野生の口唇」

実はGLAYは仮タイトルの宝庫だそう。

「『FRIEDCHICKEN&BEER』の仮タイトルは『カツ丼ビーフ』、『グロリアス』の仮タイトルは『モーターバイク』。さらに、ヴォーカルのTERUの苗字の『小橋』に関連するものもあります。『Fighting Spirit』は『小橋が海に出るころ』、『卒業まで、あと少し』は『小橋からの卒業』です」

■東京事変「閃光少女」←「フード」

さらに、亀田が在籍していた「東京事変」も仮タイトルの宝庫だったそうです。

「『閃光少女』の仮タイトルは『フード』でした。僕が真冬の夕暮れに、フカフカのフードの付いたダウンジャケットを着てランドセルを背負った少女が、走りながら家に帰っていくのを見たんです。そのときに『この少女の未来はどうなるんだろう』『どんな恋をするんだろう』『幸せになってほしい』、そういう気持ちを込めて作曲したんです。その話を林檎さんにしたら、素晴らしい歌詞をつけてくれました。仮タイトル『フード』が『閃光少女』になったわけです」

と打ち明けました。

多くの場合、タイトルは歌詞が完成するときに決まるそうです。「あたかも、ダルマに目を入れるかのようにタイトルを入れる」とのこと。タイトルが決まって初めて、一つの楽曲が作品になるという訳です。とはいえ、全く決まらないこともあるそうで…

「歌詞カードを印刷所に入れる、入稿ギリギリの段階で決まる場合もあるんです。そのときに頼りになるのが仮タイトル。仮タイトルに引き寄せられて、素晴らしい演奏やパフォーマンスや、ジャケットが生まれてくるんです。仮タイトルは、良い作品が生まれてくるための守護神。名前が持つエネルギーは絶大なんです。まさに言霊です」ということでした。

改めて、音楽の奥深さがわかりますね♪

【関連サイト】
「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/blog/fmkameda/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP