ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「会社を辞めたい」同僚に贈る一曲

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜朝6時からの番組「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「azabu tailor A SONG FOR YOU」。このコーナーでは、リスナーのみなさんからのメッセージに、ジョン・カビラがぴったりな曲をセレクトしてお届けします。9月2日のオンエアでは、「会社を辞めたい人に、乗り越える勇気を与える1曲」をセレクトしました。

今回いただいたメッセージは、以下ようなものでした。

「私は、総務兼採用の仕事をしています。私自身、中途入社で3年が経ちます。つい先日、今年の5月に中途入社した方から、『会社が辛くて辞めたい』と相談を受けました。

私も何を隠そう、中途入社してから半年までは新しい環境に慣れず、『何でもっとしっかり教えてくれないんだ!』と全て他人のせいにして、辞めたいと毎日思っていました。しかし、会社の先輩に話を聞いてもらい、アドバイスをいただいてからは、他人のせいにせず、逃げなくなり、仕事が楽しくなりました。

私とは事情が違うかもしれませんが、同じ中途入社という立場。何とか助けてあげたいです! そんなときに勇気を与えられるような1曲をお願いします」

とのこと。そこでカビラがセレクトした曲はこの曲!

Stand/Rascal Flatts

アメリカの王道、カントリーを歌うバンドRascal Flatts。2006年にリリースされた4枚目のアルバム「Me And My Gang」に収録されています。落ち込んだ大切な人を、励まし支える歌詞がたくさん詰まった曲。リスナーの大切な同僚の方にも、ぜひこのメッセージを届けていただきたいと思い、セレクトしたそうです。歌詞の中から、印象的な部分をカビラがピックアップしました。

Life’s like a novel
(人生って小説みたいだよね)
With the end ripped out
(最終章は破り取られている)

「つまり、人生は自分で書く、ということなんですね。自分でラストチャプターは書けるという意味。そして、“あなたの目の前にあるものを 無くす前に取らなきゃいけない”というようなパートもあります。『一緒に頑張ろう、問題があったらすぐに相談にのるから』みたいな形で話を聞いてあげることが一番のサポートになりますよね」(カビラ)

くじけそうな同僚の方の、強い味方になってあげられるといいですね。新入社員にとっては仕事にも慣れ始めた頃は、楽しくなってきた人もいれば、「自分には合っていないかも…」と悩む人もいると思います。みなさんの周りにも、くじけそうな人がいたら、この「Stand」(立ち上がれ)をオススメしてみてはいかがでしょうか?

【関連サイト】
「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP