ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Michael Kaneko「泣きそうだった」瞬間

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜11時30分からの番組「PARADISO」(ナビゲーター:板井麻衣子)のワンコーナー「CAFE PARADISO」。9月2日のオンエアでは、シンガーソングライターMichael Kanekoさんのスタジオライブをお届けしました。

湘南生まれ、南カリフォルニア育ちのMichael Kanekoさんは、2014年から音楽活動を開始。2015年にはKan Sanoさんが制作したJ-WAVEのステーション・ジングルにシンガーとして参加しています。そして昨年、iTunesでリリースした自主制作の「Sounds From The Den EP」が話題を呼び、今年はフェスに引っ張りだこだったそうです。

特に、初フェスとなった「GREENROOM FESTIVAL’16」は、高校生の頃から見ていたフェスだったこともあり、出演できたことに「泣きそうでした」と明かしました。また、初参加した「SUMMER SONIC 2016」は、「本当に音楽やっていてよかった!」と思えるほど、楽しいライブだったそうです。

まさに今、乗りに乗ったアーティストのMichaelさんですが、なんとこの日が初のラジオ生出演だったそうです! 少し緊張気味ではありましたが、自身の曲をたっぷり2曲披露してくれました。

目の前で、生演奏を聴いた板井は「優しいお声で、ピースフル! これに尽きる!」と興奮気味にコメントしていました。

そんなMichaelさんの歌声を生で聴いてみたいという方は、ぜひホームページをチェックしてみてください。秋にもさまざまなフェスへの参加が決まっているそうですよ。9月3日(土)には、東京・中野で開催される「PARK PARTY フルーツ・アンド・ミュージック 2016」に17時30分から2ステージ出演予定。こちらは、フルーツと音楽をテーマにした、家族でも楽しめるフェスになっているそうで、入場無料です。

今後はアルバムの発表も予定しているということで、一体どんな作品になるのか、今から楽しみですね!

【関連サイト】
「PARADISO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/paradiso/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP