体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これも家? HOUSE VISIONで見た新しい暮らしのカタチ

これも家? HOUSE VISIONで見た新しい暮らしのカタチ

企業と建築家・クリエイターが協働し、近未来の住まいを考えて具現化した展覧会「HOUSE VISION」展。2013年に第1回が、そして今年8月に第2回が東京・お台場で開催された。

【前編:日本発、近未来の住まい12の提案】に続いて、エキジビジョンハウスを巡った現地レポートを写真満載で紹介しましょう!

隈研吾だけじゃない! 人気建築家たちの競演が見られる

全体の会場構成を手がけた建築家・隈研吾氏をはじめ、12のエキジビジョンハウスの提案には人気の建築家やデザイナーが企業と共に参加。独創的な感性と技術が融合した、住まい・暮らしの未来像を見せてくれた。

●【凝縮と開放の家】LIXIL×坂 茂

【画像1】白い外観・屋根は防水製テント膜、ジッパーで着脱できる。テントを好きな柄にプリントすれば景観に合わせて楽しめそう(写真撮影/藤井繁子)

【画像1】白い外観・屋根は防水製テント膜、ジッパーで着脱できる。テントを好きな柄にプリントすれば景観に合わせて楽しめそう(写真撮影/藤井繁子)

紙管を利用した住空間など、低コストで軽快な家を考える建築家・坂 茂氏。今回は住宅設備メーカーのLIXILと、窓や設備がフレキシブルな“軽くて丈夫”な家を提案した。

【画像2】開口部側は巨大なガラス窓。窓はリモコンのボタンひとつで透明〜スモークへ可変するほか、跳ね上がったり、90度回転させて家の側面までスライド収納できたりとフル開口し、庭とリビングが一体化(写真撮影/藤井繁子)

【画像2】開口部側は巨大なガラス窓。窓はリモコンのボタンひとつで透明〜スモークへ可変するほか、跳ね上がったり、90度回転させて家の側面までスライド収納できたりとフル開口し、庭とリビングが一体化(写真撮影/藤井繁子)

そして、水まわり(風呂・トイレ・洗面・キッチン)を一塊にした“ライフコア”は、部屋のどこにでも配置できる画期的な提案。これを実現するのは、給排水システムを床下ではなく、上方に処理できるようにした技術。

将来の間取り変更時、水まわりが簡単に移動できればコストもデザインも容易になりそうだ。

【画像3】“軽くて丈夫”を実現するのは、紙のハニカムボードを合板で挟んだ構造体。柱要らずの大空間が可能に(写真提供/HOUSE VISION)

【画像3】“軽くて丈夫”を実現するのは、紙のハニカムボードを合板で挟んだ構造体。柱要らずの大空間が可能に(写真提供/HOUSE VISION)

●【冷蔵庫が外から開く家】ヤマトホールディングス×柴田文江

【画像4】外からも内からも開く。冷蔵モノからクリーニングした服・薬まで、ネットワークやセンサー技術を活用したセキュリティ管理で実現する(写真撮影/藤井繁子)

【画像4】外からも内からも開く。冷蔵モノからクリーニングした服・薬まで、ネットワークやセンサー技術を活用したセキュリティ管理で実現する(写真撮影/藤井繁子)

全国に5万5000人のセールスドライバーを要する「宅急便」のヤマト運輸は、宅配BOXの新しい形をプロダクトデザイナーの柴田文江氏と提案。

高齢者だけでなく、共働きや若者ひとり暮らしにとっても宅配の進化は必需!

●【内と外の間/家具と部屋の間】TOTO/YKK AP×五十嵐 淳・藤森泰司

HOUSE VISION展では参加した建築家たちのトークセッションも開催。取材当日は建築家・五十嵐 淳氏が登壇する日だったので、彼の作品【内と外の間/家具と部屋の間】でお話を伺った。

【画像5】活動拠点の北海道からお台場の展示会場に到着した五十嵐氏。異形を放っていた凸凹の外観前で「完成したのを今日初めて見ます」(写真撮影/藤井繁子)

【画像5】活動拠点の北海道からお台場の展示会場に到着した五十嵐氏。異形を放っていた凸凹の外観前で「完成したのを今日初めて見ます」(写真撮影/藤井繁子)

コラボ企業の1社が、窓メーカーのYKK APということもあり

「窓ぎわって、行きたくなる場所ですよね。それが居心地の良いアルコーブ(※)みたいに延長した空間を考えてみました」

奇想天外!よく分からないが…模型を見ると全体像が見える。

※アルコーブ:部屋や廊下など、壁面の一部を後退させてつくったくぼみ状の部分のこと。

【画像6】扇の要のようなオープンスペースから放射線状に、窓から個室が延びる!?(写真撮影/藤井繁子)

【画像6】扇の要のようなオープンスペースから放射線状に、窓から個室が延びる!?(写真撮影/藤井繁子)

【画像7】中から見ると、窓枠の先にリビングやキッチン、バス、トイレ、寝室が。あがってみると、おこもり感があって落ち着く部屋も(写真提供/HOUSE VISION)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。