ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界で一番高額米開発の東洋ライス 過去に「無石米」生む

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ギネス世界記録公式認定証授与式で、「おいしくて体にいい米ができました。私たちは日本の水田を守り、米の生産農家に元気になってもらうために、世界最高米を展開していきたい」と、抱負を語った東洋ライス社長の雜賀慶二さん。

 和歌山弁交じりに語る飾らない言葉からはお米に関する情熱が溢れ、もっと話を聞きたいと思わずにはいられなかった。

「私はね、お米の気持ちがわかるんです。お米と会話ができるというんですかね」

 雜賀さんはこう語り出した。お米の言葉がわかる…? 記者の怪訝な表情を見た雜賀さんは、かすかな関西弁を交えて、いっそう穏やかに言葉を足していく。

「若い頃からずっとお米にかかわる仕事をしてますんで、お米の気持ちになって考えることができる。それだけ私は原始人なんですな(笑い)」(雜賀さん、以下「」内同)

 私たち日本人の食卓に身近なお米。ブランドや価格は意識するものの、いつも当たり前に食べている。このお米をいかに健康によく、おいしく、消費者に届けるかを日々研究し、さまざまな新発見や新アイディアを提供しているのが、雜賀さん率いる東洋ライスだ。

 例えば今年7月、同社が発売した「世界最高米」が文字通りギネス世界記録「世界で最も高額なお米」に認定された。なんと1kgで1万1304円。スーパーなどで売られているお米は5kgで1700円前後。いかに高いかおわかりいただけるだろう。

 高額な理由は、お米の「第17回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」に出品されたお米の中から、最高位の金賞を受賞したお米を厳選。そこから生命力に優れた米粒のみを選別し、現在考えられる最高の技術でブレンドおよび精米して世に送り出されたからだ。

 といって、高額というだけで話題になればいいという考えはない。

「お米の生産者が精魂傾けて育てたお米を、いかにおいしく食卓に届けるか。そのために私の会社が持っている熟成、精米、ブレンド、無洗米といったすべての技術を注いで、お米の食味と生命力を高める努力がどこまでできるかなんです」

 これは、記録に挑戦しないではいられない五輪のようなもの、と語る。雜賀さんは、和歌山市で精米機の販売を手がける家に生まれた。

「私が物心ついた頃は終戦直後で、親父は、精米機の修理を仕事にしていました。顔見知りの米屋さんから、“精米機が動かない”と言われて出かけて行くんです」

 精米機に囲まれて育った雜賀さんは、中学を終えると家業を継ぎ、やがて「機械の言葉がわかる」ようになっていく。

「さっきも言ったように、私は文明人やないから、なんでも体で覚えてきたので、お米も機械もじっと見ていると、言いたいことがわかるんです(笑い)」

 この感性は今でも衰えることなく、研ぎすまされたままだ。

「若い社員に“社長、なんでこの機械動かないんでしょう”って聞かれると、私は言うんですよ。“人間の言葉で言うてないだけで、どこが変だって言うてるよ”って」

 機械の言いたいことがわかるようになった雜賀さんは、やがて、機械のトラブルを解消するのは当たり前。それをいかに早く、短時間で修理するかに挑戦し、技術を磨き、向上をはかった。そして、26才の時、得意先の米屋で、忘れられない光景に出くわす。

「あんたのところの米に石が入っていたおかげで、歯が折れて歯医者に通っているんだ。どうしてくれる」と、お客が主人に怒鳴っていたのだ。

 今では、市販されているお米にも、炊いたご飯の中にも、石が混じっているなど考えられないが、昭和30年代までは決して珍しいことではなかった。

「以前はどんな機械にかけても、米粒と同じ大きさの石を取り除くことはできなかった。だからとぐ時も注意しなければならなかったし、石を噛まないように注意して食べていたのです」

 この日から雜賀さんは、早速、石を除去する撰穀機の開発に取りかかる。米粒よりも大きかったり、小さかったりする石を除去するのは簡単だ。しかし、米粒と同じくらいの大きさで、色も白っぽい石になると、機械も人の目も見逃してしまう。

「試行錯誤の末、箱に詰めて売られる削り節をヒントにして、1年かけて石抜撰穀機を開発し、無石米を世に送り出すことができました」

 1961年秋のことだった。そういえば、町角や村里に置かれているコイン精米機を見ると、石がないことを今もわざわざ書いてある。

※女性セブン2016年9月15日号

【関連記事】
1年間通常米をとぎ続けると無洗米よりも水道代が397円無駄に
五つ星お米マイスター お米のおすすめブランドを3種紹介
新潟で米作りする大桃美代子 米に関する情報源はすべて図鑑

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP