ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日常生活では経験できない!! “最新VRアトラクション”で超スリル体験!

  • ガジェット通信を≫

今年は「VR(バーチャルリアリティ)元年」。VRを体験できる家庭用ゲームが発売されるなど、話題を集めています。そしてエンターテインメント施設でも、VRを利用したアトラクションが続々と登場。いままで経験できなかったようなスリルが味わえるようになってきています。今回は、都内にオープンした「VRアトラクション」をご紹介していきましょう。

スリリングな空中散歩が楽しめる「TOKYO弾丸フライト」

まずご紹介するのは、今年4月にリニューアルオープンした「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」に登場した「TOKYO弾丸フライト」。

VRゴーグルを装着して人間大砲型のマシンに乗り込み、架空の未来の東京を巡るというコンテンツです。実際に乗って、体感してきました!

2つの大砲型マシンが設置してある「TOKYO弾丸フライト」乗り場

今まで、VRアトラクションどころか、VR機器すらつけたことがなかったので、乗る前からそわそわ。

「TOKYO弾丸フライト」は立った状態でマシンの乗り込み、ベルトの装着が完了すると、大砲部分が前方に倒れていきます。完全に倒れた状態になったら、VRゴーグルとヘッドフォンを装着。

VRゴーグルはメガネをしたままでも装着できます

すべての準備が完了すると、ゴーグル内に映像が出てきます。映し出されるのは、「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」から見る未来の東京の景色。この映像は上下左右、360度全方位に広がっていて、顔を動かした向きに応じて見える景色が変わります。未来の東京に来たような感覚です。

乗っている最中、周りの景色を見るためにキョロキョロする筆者

実際にコンテンツがスタートすると、まさに大砲から発射され、展望台から飛び出すような映像が流れます。映像に合わせてマシンが上下左右に動き、前方にある扇風機から風が吹き出されるため、本当に打ち上ったり、垂直に落下したりするような感覚になります。

マシンの動きはやや激しいですが、体に当たる部分はクッション性が高いので、負担はほぼありません。映像に集中して楽しめます。

実際はこの程度の角度ですが、体験中は垂直落下しているような気分が味わえます

VRアトラクションというと、ゴーグルを装着して自ら動くものを想像する人も多いかもしれませんが、「TOKYO弾丸フライト」はマシンが動いてくれるので、よりスリリングな体験ができます。

隣には、ブランコに乗って池袋の空を疾走するVRコンテンツ「スウィングコースター」もあるので、合わせて楽しむのもオススメです。

SKY CIRCUS サンシャイン60展望台「TOKYO弾丸フライト」

東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ サンシャイン60ビル60F

営業時間:10:00~22:00

定休日:年中無休

料金:600円(税込)※別途展望台入場料がかかります

SKY CIRCUS サンシャイン60展望台 公式サイト

VRアクティビティを気軽に体験できる「VR ZONE Project i Can」

今年4月、お台場のショッピングモール「ダイバーシティ東京プラザ」の中にオープンしたVR施設「VR ZONE Project i Can」では、VRゴーグルをつけてさまざまな体験ができます。

最大の特徴は、“体験者”としてさまざまなVRアクティビティを楽しめるところ。地上200mでの度胸試し「高所恐怖SHOW」、JR山手線の運転業務を体験できる「トレインマイスター」、絶壁の雪山を急滑降する「スキーロデオ」など、7種類のVRアクティビティを楽しむことができます。

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

「高所恐怖SHOW」の体験イメージ。前に進んだり、屈んだりできるでしょうか

VRアクティビティ専用の機器を目と手足に取り付け、自ら動くことで体感していきます。日常生活では経験できないようなドキドキやワクワクが楽しめます。

「高所恐怖SHOW」を体験している様子

10月中旬までの期間限定オープンなので、行きたい人は早めのご予約を。

「VR ZONE Project i Can」

東京都江東区青海1-1-10 ダイバーシティ東京プラザ3F

営業時間:10:00~21:00

定休日:年中無休(2016年10月中旬までに期間限定オープン)

料金:700円~1000円(税込)※アクティビティによって異なります ※別途バナパスポートカード(300円)の購入が必要です

「VR ZONE Project i Can」 公式サイト

※13歳未満参加不可

未知の恐怖をたった1人の空間で体験する「VR生き人形の間」

国内最大級屋内型テーマパーク「東京ジョイポリス」に、7月に誕生したばかりのVRアトラクション「VR生き人形の間」。“人形”をテーマにしたホラーアトラクションです。

VR機器を装着して浮かび上がってくる360度空間では、何が起こるかわからない恐怖が待っています。ただの映像ではなくVRだからこそ表現できる臨場感によって、従来のお化け屋敷とはひと味違う怖さが体験できるはず。

デートにもオススメかも! ぜひ一度、体感してみては?

東京ジョイポリス「VR生き人形の間」

東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ3~5F

営業時間:10:00~22:00(最終入場21:15)※時期によって異なります

定休日:不定休

料金:大人4300円、小中高生3300円(税込)※パスポート(入場+アトラクション乗り放題)の価格

東京ジョイポリス公式サイト 「VR生き人形の間」紹介ページ

※13歳未満参加不可

取材・文/有竹亮介(verb)

撮影/今仲俊介

関連記事リンク(外部サイト)

残暑もへっちゃら!「冷感グッズ」で夏の終わりを乗り切る!
爪の中でラメが動く!? 涼しげな“アクアリウムネイル”がかわいすぎる!
命があるから防災グッズが活きてくる。アドバイザーが選ぶ「防災グッズ」まとめ

カテゴリー : エンタメ タグ :
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP