体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日常生活では経験できない!! “最新VRアトラクション”で超スリル体験!

f:id:ponparemall:20160825130917j:plain

今年は「VR(バーチャルリアリティ)元年」。VRを体験できる家庭用ゲームが発売されるなど、話題を集めています。そしてエンターテインメント施設でも、VRを利用したアトラクションが続々と登場。いままで経験できなかったようなスリルが味わえるようになってきています。今回は、都内にオープンした「VRアトラクション」をご紹介していきましょう。

スリリングな空中散歩が楽しめる「TOKYO弾丸フライト」

まずご紹介するのは、今年4月にリニューアルオープンした「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」に登場した「TOKYO弾丸フライト」。

VRゴーグルを装着して人間大砲型のマシンに乗り込み、架空の未来の東京を巡るというコンテンツです。実際に乗って、体感してきました!

f:id:ponparemall:20160825130946j:plain

2つの大砲型マシンが設置してある「TOKYO弾丸フライト」乗り場

今まで、VRアトラクションどころか、VR機器すらつけたことがなかったので、乗る前からそわそわ。

「TOKYO弾丸フライト」は立った状態でマシンの乗り込み、ベルトの装着が完了すると、大砲部分が前方に倒れていきます。完全に倒れた状態になったら、VRゴーグルとヘッドフォンを装着。

f:id:ponparemall:20160825131011j:plain

VRゴーグルはメガネをしたままでも装着できます

すべての準備が完了すると、ゴーグル内に映像が出てきます。映し出されるのは、「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」から見る未来の東京の景色。この映像は上下左右、360度全方位に広がっていて、顔を動かした向きに応じて見える景色が変わります。未来の東京に来たような感覚です。

f:id:ponparemall:20160825131031j:plain

乗っている最中、周りの景色を見るためにキョロキョロする筆者

実際にコンテンツがスタートすると、まさに大砲から発射され、展望台から飛び出すような映像が流れます。映像に合わせてマシンが上下左右に動き、前方にある扇風機から風が吹き出されるため、本当に打ち上ったり、垂直に落下したりするような感覚になります。

マシンの動きはやや激しいですが、体に当たる部分はクッション性が高いので、負担はほぼありません。映像に集中して楽しめます。

f:id:ponparemall:20160825131101j:plain
1 2次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。