ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

土日はずっとこの服。気持ちよすぎて脱ぎたくない #だら活

DATE:
  • ガジェット通信を≫

週末、思う存分だらだらするなら、身につけたいのは心も身体もほぐしてくれるルームウェア。

そこで、見た目にも素材にもこだわったルームウェアを見つけました。

柔らかなシルクの肌触りを全身で感じるルームウェア

© 2016, New York Media LLC.

柔らかいシルクに包まれたいなら、『The Glad Hours(ザ・グラッドアワーズ)』のルームウェア。

「自由奔放な生活」がコンセプトの、アメリカ・ロサンゼルス発リラックスウェアブランド。1930年代のラグジュアリーなルームウェアをイメージして作られたシルク素材ウェアが豊富にそろってます。

ずるずると引きずるくらいオーバーサイズなThe Glad Hoursのルームウェアは、一度着たらもう脱ぎたくなくなるほど楽な着心地。

シルクが肌に触れるたびに、そのなめらかな心地よさを感じることができます。

普段着にも使えるスタイリッシュなデザイン

© 2016, New York Media LLC.

クラシカルなものからポップなものまで、その日の気分によって着たいルームウェアが見つかるのが『Sleepy Jones(スリーピー・ジョーンズ)』。

単にルームウェアとしてだけではなく、普段着としても取りいれられそうなほど、スタイリッシュなデザインばかり。

だら活中にちょっと近所のコンビニへ出かけるときでも、わざわざ着替える必要はありません。

日本ではまだお店はありませんが、ZOZOTOWNなどの通販サイトで取り扱いがあるようです。

丁寧に作られた手間に、特別感を感じるルームウェア

© 2016, New York Media LLC.

だらだらしながらも、エレガントな気分にさせてくれるのがオーストラリア発の『Suku Home (スク・ホーム)』。一枚でゆったりと着られるガウンのデザインがそろっています。

とにかく品質にこだわっていて、素材にはオーガニックの竹を用いていたり、染色も植物の天然染料を使って手作業で行ったりと、ひとつひとつ時間をかけてていねいに作られているそう。

そのかけられた手間を知ると、だらだらしている時間にもなんだか特別感がでてきます。

思いっきりだらだらできる週末が待ちきれません。

[THE CUT, The Glad Hours, Suku Home]

■ あわせて読みたい

チルな時間。週末は思いっきり、だらだらできる #だら活
フィリップ・リムの目を通して見た東京
男子は「おならを気にしすぎる女子」が正直しんどい #男子の本音
夢中? 冷静? あなたの心が望む恋愛スタイル #深層心理
週末スタイルの師匠見つけた。カロリーヌ・ド・メグレのゆるさ見習う
お行儀よくなんかしてられない。女子が衝動を解放した結果…
ムスリムファッション=黒じゃない。そして、こんなにお洒落だったんだね

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP