ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IMAX、映画の世界を歩き回れるVR施設をロスに年内開設

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年5月にVRシアターの開設を発表したカナダのIMAX社は、2016年内にも1つ目のVRセンターを米・ロサンゼルスにて開設すると発表しました。

ハイエンドHMD「Star VR」を採用

IMAX社は同名の映画向け動画規格や映写システムを開発するなど、映画事業を展開しています。

同社は2016年5月に、VR映画や高品質VRコンテンツを体験するための施設を米国で6ヶ所開設すると発表。9月2日よりベルリンで行われているIFA 2016に合わせ、皮切りとなる1つ目のVRセンターが年内にもロサンゼルスに開設予定、と発表されました。

シアターではAcerとStarbreezeが開発中の5K・視野角210度のハイエンドHMD「Star VR」を採用し、今後各地のショッピングモールや劇場などに展開予定としています。

世界各地に展開予定

VRセンターでの鑑賞は通常の映画館より少し高めの料金設定としており、IMAX事業開発部長のRob Lister氏は「例えば、映画『アバター』を15ドルで見た後に、25ドルでその舞台となる世界を歩き回れるようになる」と述べています。

映画以外のコンテンツとして、Googleと共同で開発しているプロフェッショナル向けの360度カメラ「IMAX VR Camera」で撮影した短めの映像を提供する予定です。

IMAXは今後年末にかけて、上海・ロンドン・ニューヨークでも試験的なVRセンターを開設するとしています。

いわば“VR映画館”と言えるIMAXのVRセンターは、Oculus RiftなどのハイエンドHMDを持っていない人でも手軽に高品質なVRを楽しめるサービスになるでしょう。

日本ではインターネットカフェやカラオケなどで映像体験を楽しめる「VR THEATER」が展開されています。Gear VRでの座ったまま頭を動かして見回す体験が中心ですが、「歩きまわる」などさらに体験内容が拡張するのか注目したいところです。

(参考)
UploadVR / IMAX VR’s First Centers Will Open This Year Using StarVR(英語)
http://uploadvr.com/imax-vrs-first-vr-centers-will-open-year-using-starvr/

※Mogura VRは米Upload VRのパートナーメディアです。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP