ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マイケル・ファスベンダー&アリシア・ヴィキャンデル主演、『ブルー・バレンタイン』監督最新作は「ティッシュ会社の株価が上がるほど」の感動作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『ブルー・バレンタイン』を手がけたデレク・シアンフランス監督の最新作『THE LIGHT BETWEEN OCEANS』(原題)のワールドプレミア上映が現在開催中の第73回ベネチア国際映画祭にて、現地時間9月1日19時より行われた。

(c) Kazuko Wakayama
原作はAmazon.comで4700以上もの五つ星を獲得した感動のベストセラー。第一次世界大戦後のオーストラリアを舞台に、孤島に流れ着いた生後間もない赤ん坊をわが子として育てる灯台守夫婦の愛の選択を描いた物語だ。

映画祭のレッドカーペットには、監督のほか、劇中で夫婦役を演じた主演のマイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィキャンデルが登場した。本作の共演がきっかけで交際が噂される今もっともホットな二人がレッドカーペットに登場すると会場のボルテージは一気に最高潮へ!熱気冷めやらぬ中、上映が始まると間もなく場内にはすすり泣く声が。クライマックスでは号泣する観客も見受けられた。

上映後、涙の跡もそのままの観客たちから贈られたスタンディングオベーションにファスベンダーと監督は歓喜の笑顔、ヴィキャンデルは感動し大粒の涙をぬぐっていた。日頃は辛口のプレス上映でも涙する記者が続出し、「クリネックスの株価が上がるほど観客は泣くに違いない!」(The Guardian)「今年のこれまでの作品の中で最も美しく、感動を味わえる2時間」(Entertainment Weekly)など、本作がいかに心を鷲掴みにする感動作であるかが評価され、作品への期待度が高まる。

『ブルー・バレンタイン』の大ファンだというスティーブン・スピルバーグの会社ドリームワークスから「新作を撮らないか」という声がかかり、本作のメガホンを撮るに至ったシアンフランス監督は「真実と愛の狭間で人間は何を選択するのか、ということ。頭で考えるのではなく、心で感じる作品にしたかった」と語る。

『リリーのすべて』で第88回アカデミー賞助演女優賞を獲得し、いまやハリウッドの人気女優の一人となったヴィキャンデルだが、本作への出演が決まったのは彼女のブレイク直前だったという。ファスベンダーは「監督から『アリシアに賭けてみたい』と打ち明けられました。彼女自身が持生来持っているポジティブな天真爛漫さがイザベルにぴったりだ感じたのを覚えています」「彼女がイザベルを演じてくれたことが、この作品を成功へ導いたのだと思います」と明かす。”母”という役を演じたヴィキャンデルは「『将来家庭をもち、子供ができたとき私はどう感じるのだろう』と考えて演じました。この作品に出会い、イザベルという役を演じて、学ぶことがたくさんありました」と振り返った。

第一次世界大戦の帰還兵トム(ファスベンダー)は、灯台守となって孤島ヤヌス・ロックに赴任する。明るく美しい妻イザベル(ヴィキャンデル)を得た島での最初の日々は平穏で幸せなものだったが、ようやく妊娠したイザベルが流産してしまう。イザベルは再び妊娠するが、今度は死産。しかし、そんなふたりの人生を根底から覆す事件が起こる。島に漂着したボートに、男性の死体と生後間もない赤ん坊が乗っていたのだ。死産の直後で悲しみに沈んでいたイザベルは赤ん坊に魅了され、本土に報告しようとするトムを説得し、実子として育てはじめる。ルーシーと名付けられた赤ん坊は健やかに成長し、ふたりに喜びをもたらすが…。

『THE LIGHT BETWEEN OCEANS』(原題)は2017年春、日本公開

『THE LIGHT BETWEEN OCEANS』予告映像

関連記事リンク(外部サイト)

「スタジオジブリ総選挙」中間結果発表! 上位5作品は果たしてどの作品!?
世界最高齢か?! インドネシアに145歳のおじいさん現る 長生きの秘訣は「忍耐と余裕」
猫を飼うことで健やかに? 猫を飼うべき4つの理由
【世界中で絶賛!】U-12バルセロナと大宮アルディージャジュニア、試合後の選手同士の心の交流が話題に
「仲間に入れて!」 オウムが猫の鳴き真似をして猫軍団に参入するも猫ドン引きwww【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP