ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニューカレドニアのおすすめ観光スポット8選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

天国に一番近い島といわれている、ニューカレドニア。その名の通り、澄み切った美しい海と真っ白な砂浜が、まるで天国のようなリゾート地です。

 

ニューカレドニア国有植物の宝庫としても知られる豊富な自然と、フランスの雰囲気が漂うオシャレな街など、バラエティーに富んだ魅力を合わせ持つのも、まさにこの島ならでは!

今回はそんなニューカレドニアに旅行へ行った際に、必ず訪れたい観光スポット8ヶ所をご紹介いたします

 

1.イル・デ・パン島

photo by pixta

ヌメアから飛行機で20分、「海の宝石箱」と呼ばれる「イル・デ・パン島」は、ニューカレドニアで一番人気の島です。

 

特に人気なのは、「ピッシンヌ・ナチュレル」という天然のプールで、海水がせき止められているため波もなく、サンゴ礁や魚たちの楽園となっています。
■詳細情報
・名称:イルデパン
・住所:Ildespins,new caledonia
・アクセス:ヌメア市内から車で30分、マジェンタ空港から国内線エア・カレドニアで25分
・マップ:
・公式サイトURL:https://www.newcaledonia.jp/area/iledespins/

 

2.ウベア島

ニューカレドニア観光局さん(@newcaledoniatourismjapan)が投稿した写真 – 2016 8月 29 12:00午前 PDT

小説「天国に一番近い島」の舞台として有名な「ウベア島」。

 

西海岸には、20キロにも及ぶロングビーチがあり、まるで雪のような白砂と真っ青な海の美しいコントラストを楽しむことができます。何もしない、ただそこにいるという贅沢を体感できる場所です。
■詳細情報
・名称:ウベア島
・住所:Ouvea,new caledonia
・アクセス:マジェンタ空港から国内線エア・カレドニアで約35分。
・マップ:
・公式サイトURL:https://www.newcaledonia.jp/stay/islands/ouvea/

 

3.メトル島

Aoiさん(@aoi115)が投稿した写真 – 2016 4月 14 2:02午前 PDT

島全体がリゾートホテル!ハネムーン旅行先としても人気の「メトル島」には、ニューカレドニア唯一の水上コテージがあります。

 

メトル島を囲む海は海洋保護地区に指定されており、色とりどりの魚が泳ぐ中で、貴重なシュノーケリング体験を楽しむのもオススメです。
■詳細情報
・名称:メトル島
・住所:Ilot Maitre, Nouméa
・アクセス:ボート場(PLAGE LOISIRS)よりボートタクシーに乗って15分
・マップ:
・URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/メトル島

 

4.ノカンウイ島

photo by pixta

「神様がくれた奇跡の島」と称される「ノカンウイ島」は、砂浜だけでできているとても美しい島です。

 

どこまでも透き通る透明な水、ほんのりピンクがかった輝く砂…まるで楽園を訪れたかのような気持ちになれる、そんな場所です。
■詳細情報
・名称:ノカンウイ島
・アクセス:イル・デ・パン島に宿泊した人のみ訪れることができます。ボートで約30分です
・住所:Nokanhui,New Caledonia
・マップ:
・URL:http://stworld.jp/special/NC/desert_island/

 

5.マレ島

photo by pixta

ヌメアから国内線で35分ほど、観光地化が進んでおらず、現在でも、素朴な人々が海の恵みを支えに生活する南太平洋の秘境の島です。

 

何かアクティビティーをするというよりも、島の自然をじっくりと楽しむ場所ですので、ぜひ、日帰りではなく宿泊してみることをオススメします。
■詳細情報
・名称:マレ島
・住所:Mare,new caledonia
・アクセス:マジェンタ空港から国内線エア・カレドニアで35分
・マップ:
・公式サイトURL:https://www.newcaledonia.jp/area/mare/

 

6.ニューカレドニア・ラグーン水族館

ぽにょさん(@ponyo5023)が投稿した写真 – 2016 4月 2 10:36午前 PDT

ニューカレドニア唯一の水族館で、地元民や観光客に人気のスポットです。33の水槽には、淡水、海水を含めて1,000種類以上の魚や珊瑚が展示されています。

 

館内で最も注目を集めているのは、蛍光作用を持つ「光るサンゴ」が鑑賞できる展示室だそうです。
■詳細情報
・名称:ニューカレドニア・ラグーン水族館
・住所:61 Promenade Roger Laroque
・アクセス:マジェンタ空港から国内線エア・カレドニアで35分
・マップ:
・営業時間:10:00-17:00(最終入館時間16:00)、毎月第2金曜日のみ21:00まで
・定休日:月曜日
・料金:大人1000CFP・子供500CFP
・公式サイトURL:http://www.aquarium.nc/en/

 

7.カナール島

photo by pixta

ニューカレドニア本島・ヌメアのアンスバタから、タクシーボートで5分で行ける小さな無人島です。

 

「カナール島」はサンゴで出来た島なので、シュノーケリングに最適です。海の透明度も高く、ニューカレドニアの自然を手軽に楽しむことができるスポットです。
■詳細情報
・名称:カナール島
・住所:Canards Island,Numea
・アクセス:ボート場(PLAGE LOISIRS)よりボートタクシーに乗って5分

・マップ:
・定休日:なし
・公式サイトURL:https://www.newcaledonia.jp/area/canards/

 

8.ル・ルーフ

Eryathorさん(@eryathor)が投稿した写真 – 2016 8月 17 8:50午後 PDT

「ル・ルーフ」は、ニューカレドニアで唯一の水上レストランで、海に突き出した桟橋の上に建っています。海に囲まれながら、魚介を中心とした高級フレンチを食べることができます。

 

夜には、テーブルの上にキャンドルの光が灯り、ムードが高まるロマンチックなディナーを頂くことができます。
■詳細情報
・名称:ル・ルーフ
・住所:Val Plaisance 134 Prom Roger Laroque
・マップ:
・営業時間:11:30-14:00,19:00-22:00
・定休日:なし
・電話番号:+687 27 30 10
・公式サイトURL:http://www.cuenet.nc/roof.html

 

自然の美しさこそ宝物

いかがでしたでしょうか?美しい自然が未だに残るニューカレドニアは、まるで地球上の宝石のようですね。

その美しさを心ゆくまで堪能して、今までにない最高の休日をお過ごし下さい!

関連記事リンク(外部サイト)

日本国内で野生のイルカと一緒に泳げるおすすめの場所まとめ
人気急上昇ランキング、3年連続ランクイン!ベトナム「ダナン」の3つの魅力
タイのビーチリゾート&離島15選
オーストラリアの楽園「ゴールドコースト」の観光スポット9選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP