ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

納豆に「大阪のダシ」+青唐辛子味噌? テイスティングOKな納豆専門店が大阪にオープン!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「関西人は納豆が苦手」と昔からよく言われています。

確かに、昔は関西のスーパーには納豆があまり置かれていませんでしたが、近年は健康志向の人が増えていることもあり、関西での納豆の需要は拡大し、「関西人は納豆が苦手」なんてことはなくなりつつあります。

そんな中で、昔から「関西人にも納豆を好きになってほしい」との思いから、古くから大阪で納豆を製造しているメーカーが、2016年2月、大阪市内に納豆専門店をオープンしました。

その名も「納豆BAR小金庵」。

販売のみの店舗には、いろいろな味の納豆が揃っています。さっそくお店に行ってきました。

「納豆BAR小金庵」の店内は、オシャレな雰囲気で、まるでスイーツショップのよう。

いろいろな種類の納豆がショーケースに並び、どれにしようか迷ってしまうほど。

先代の社長が、あえて食文化の深い大阪にも納豆を根付かせたいという思いを込め、母体が創立されたのは1974年。納豆はすべて国産大豆を使い、大阪にある自社工場で製造しています。

納豆は独特の匂いが気になり、それが苦手と敬遠されていますよね。そこで、社長が「大阪はダシの文化」であることに目をつけ、ダシを効かせた醤油タレを作り、製造工程では匂いが気にならないように作り方を試行錯誤してオリジナルの商品が完成しました。

すると、納豆独特の匂いが少なくなり、納豆が嫌いだった人でも、食べてみると「ここの納豆なら食べることができる」と、納豆嫌いを克服した人もいるそうです。

うずら卵、おぼろ昆布などを混ぜて好みの味に!

納豆に風味を足すのは、醤油ダシだけではありません。トッピングを混ぜて、好みの味にすることができます。

▲じつは、納豆が入っている! アイスクリームカップのように洗練されたデザイン

「枠シリーズ」(1カップ70g/270円〜)には、味噌、紫蘇、ねり梅、玉ねぎ、うずら卵、おぼろ昆布、キムチ、青唐辛子味噌、鰯削りぶしの9種類のトッピングを選べます。

つい最近発売されたばかりの青唐辛子味噌味は、男性から今後人気があがりそうと店長さん。

納豆苦手派にオススメなのが意外にも「わら納豆」

パッケージは昔ながらの藁や竹筒などもあります。

意外にも「納豆は苦手」という人にオススメなのが、稲わらに自生している天然の納豆菌で発酵させた昔ながらの「なにわら納豆」(540円)。匂いがほとんど気にならないそうで、逆に納豆の匂いが好きという人には物足りないと言われるほど納豆独特の匂いは少なく、大豆とわらの香ばしい香りになっています。

▲「塩をかけて食べるのがおすすめ」と店長さん

納豆嫌いな知人に「なにわら納豆」を食してもらったところ、「これなら食べられる」と、結構好評でした。

こちらは、日本で唯一の国産孟宗竹の竹筒を使った「竹姫納豆」(540円)。糸引きが強い納豆が好みの方向けです。

納豆アレンジ商品がワインに合う!?

また納豆をアレンジした商品として、納豆バター、納豆ドレッシング、納豆コロッケ、納豆ビスコッティも販売。納豆バターは、ガーリックの風味でパンに塗って食べると、レーズンバターのような感じでワインにピッタリ。

どの味にしようか迷ったら、お店ではテイスティングができるので、食べてみたい味を試すことができます。

筆者も、いくつかテイスティングさせてもらい、さらにどれにしようか迷いながらも、いろいろなトッピングの味をいくつか購入して食べてみました。「大粒 おぼろ昆布味」は、粒が本当に大きくて食べ応え抜群。昆布の風味がよく効いていてご飯が進みます。

「小粒 鰯削りぶし」を使って納豆パスタを作ってみたら、ダシの味付けだけで美味しいパスタができました。

お手軽料理としても役目を果たしてくれたのがうれしい!

これらの納豆は、ネットでも販売しています。

納豆は好きでいろいろな味を試してみたいという人は、ぜひ食べてみましょう。

きっと新たな納豆の味にとりこになってしまうことでしょう。

お店情報

納豆BAR小金庵

住所:大阪府大阪市西区土佐堀2丁目3-12-102

電話番号:06-6449-3120

営業時間:10:00~19:00

定休日:木曜日(祝日の場合は営業)

ウェブサイト:http://710-bar.co.jp/

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:Jeana

三重県生まれ。ライター。編集プロダクションを経てフリーに転身。webを中心に活動中。食べることには目がなく大食漢。プリン、モンブランを見つけると食べずにはいられないが、一方でオーガニック、グルテンフリーにも興味津々。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

「とどめのご飯」って? 箸で食べるイタリアンに和の要素を取り入れた創作料理店「Rosso Rosso」に突撃
【大阪】まるで店舗全体がテラス席!隠れ家的路地裏イタリアンレストラン見っけ!
【大阪】すっぽん料理がリーズナブルに味わえるスタイリッシュな食堂! 生血ドリンクにも挑戦してきたで!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP