ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニューヨークの写真家15人を追いかけたドキュメンタリー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最先端のカルチャーが集まる街・ニューヨークを舞台に活動する写真家たちの姿を追った、ドキュメンタリー映画『フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク』が公開中。

ドラッグや暴力が横行するエリアで、そこでの暮らしの力強さを描写したセルビア出身のブギーや、主にラップ/ヒップホップシーンの写真家として知られ、過去にビースティ・ボーイズやRun D.M.Cなど名だたるアーティストたちの姿を切り取ったリッキー・パウエルなど……年齢も経歴も様々な写真家15人が登場。自身も写真家という肩書きを持つシェリル・ダンが長編初監督を務めた。

様々な言語・文化が混交する刺激的な街で、15人が見つめるものとは?

フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク
監督:シェリル・ダン
出演:ブギー、マーサ・クーパー、ブルース・デビットソン、エリオット・アーウィット、ジル・フリードマン、ブルース・ギルデン、マックス・コズロフ、レベッカ・レプコフ、マリー・エレン・マーク、ジェフ・マーメルスタイン、ジョエル・マイロウィッツ、クレイトン・パターソン、リッキー・パウエル、リュック・サンテ、ジャメル・シャバズ
(2013年/アメリカ)
シアター・イメージフォーラムにて公開中
©Alldayeveryday
https://akarifilms.co8

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP