ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大統領のスクープは“偽造”だった? 実話に基づいて描く感動作

DATE:
  • ガジェット通信を≫
1609022

2004年のアメリカで起きた“21世紀最大のメディア不祥事”と言われる事件を、実話に基づいて映画化した『ニュースの真相』が公開中。

ジョージ・W・ブッシュ大統領が再選を目指していた2004年。アメリカ・CBSニュースのベテランプロデューサーであるメアリーは、伝説的ジャーナリストのダンがアンカーマンを務める番組で、ブッシュの軍歴詐称疑惑を裏付けるスクープを放送し、センセーションを巻き起こす。しかし、保守派のブロガーがその“決定的新証拠”を「偽造」だと断じたことから、メアリーらスタッフは世間から激しい非難を浴びることに。同業他社の批判報道もとどまるところを知らず、CBSの上層部は事態収束のため、内部調査委員会の設置を決定するのだが――。

圧力に屈することなく、真実を伝えようとするジャーナリストたちの姿に心揺さぶられる。果たして、事件の裏に秘められた真相とは?

ニュースの真相
監督・脚本:ジェームズ・ヴァンダービルト
出演:ケイト・ブランシェット、ロバート・レッドフォード、エリザベス・モス、トファー・グレイス、デニス・クエイド
(2015年/アメリカ・オーストラリア)
公開中
© 2015 FEA Productions, Ltd. All Rights Reserved.
http://truth-movie.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。