体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「まだまだ低走行なフィアット 500がアンダー100万円!」という千載一遇のチャンス

▲人気ゆえなかなか中古車相場が下がらなかったフィアット 500ですが、4気筒モデルであれば低走行物件でも80万円から狙える時代がついに到来しました!

▲人気ゆえなかなか中古車相場が下がらなかったフィアット 500ですが、4気筒モデルであれば低走行物件でも80万円から狙える時代がついに到来しました!

「そのうち500」と思っていたなら、決断すべきは「今」かも?

おしゃれでポップでキビキビ走るイタリアン・コンパクト、フィアット 500。その一部モデルの中古車が今、とってもお買い得になっています。具体的には、まだまだ走行2万~3万km台ぐらいの物件が、車両価格80万~99万円程度で狙えてしまう状況。「そのうち洒落たヨーロピアン・コンパクトに乗り替えたいなぁ……」と思っている人も多いかと思いますが、そのタイミングはもしかしたら「そのうち」ではなく「今」なのかもしれませんよ?

よくご存じの方も多いかもしれませんが、あらためてちょっとご説明しますと、フィアット 500というのは08年3月にイタリアのフィアットブランドから登場した、全長約3.5mの4人乗りコンパクトカー。デザインを見ておわかりのとおり、アニメ「ルパン三世」の中で主人公のルパンが乗っていた往年のフィアット 500の自社による復刻版です。

ラインナップは直列4気筒の1.2Lエンジンを搭載するグレードと1.4Lエンジンを搭載するグレードに大まかに分かれ、その中に数々の仕様違いやカラフルな特別仕様車が存在しています。また10年途中からは0.9Lで2気筒というちょっと特殊なエンジンを搭載した「ツインエア」という系列も追加され、こちらはマニアックな車好きから高い評価を得て、今なお少々高めの中古車相場をキープしています。

で、今回オススメしたいのはその2気筒ツインエアではなく、普通の4気筒エンジンを搭載している1.2Lまたは1.4Lのグレードです。

自動車マニアの観点からすると2気筒ツインエアの方がたぶん楽しめるとは思うのですが(ドコドコドコ、ビイイイ~~! という独特の回転感覚がとってもステキなんですよ)、もしもあなたが「自分は決してマニアではない」と思うのであれば、たぶん4気筒の方でも十分楽しめるはず。中古車相場も同一条件で比べれば4気筒の方が一般的にかなり安いはずですから、その意味でも4気筒グレードは要注目です。

▲1957年に登場した名作コンパクトの復活モデルとなる3ドアハッチバック、フィアット 500

▲1957年に登場した名作コンパクトの復活モデルとなる3ドアハッチバック、フィアット 500

▲丸みを帯びたフォルムやプレスライン、丸型ヘッドランプなど往年のモチーフを生かしつつ、現代的にアレンジされたスタイリングが特徴。多彩なアクセサリーもオプションで用意されています

▲丸みを帯びたフォルムやプレスライン、丸型ヘッドランプなど往年のモチーフを生かしつつ、現代的にアレンジされたスタイリングが特徴。多彩なアクセサリーもオプションで用意されています

1.2 8Vと1.4 16Vは使用状況に応じてチョイスを

さて、車両価格80万~99万円ぐらいで今狙えるフィアット 500の内訳を見てみると、時期にもよりますが、だいたい常に流通量が多いのが「1.2 8V ポップ」というグレードで、次に多いのが「1.4 16V ラウンジ」となるはずです。

両者の違いは、まずエンジンでいうと車名のとおり排気量と形式が異なります。1.2 8Vの方は排気量1240ccのSOHCというシンプルな形式のエンジンで、最高出力は69ps。もう一方の1.4 16Vは排気量1368ccのDOHCというパワーを出しやすい形式のエンジンで、こちらの最高出力は100psとなっています。

もちろんどちらもごく普通か普通以上に走りますが、「軽快に飛ばしたい」とか「長い上り坂を走る機会が多い」という人は、1.4 16Vを選んだ方がいいかもしれません。が、逆に言うと「わたしはのんびり運転するのが好きだから」という人であれば、1.2 8Vでも特に不満はないはずです。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。