ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パラオのおすすめ観光スポット10選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本からたった4時間半で行くことができる南の楽園「パラオ」。そんなパラオの魅力は、何と言っても、真っ青に透き通った海と手付かずの自然!

 

野生生物の楽園である熱帯のサンゴ礁は島々は、ダイビングスポットとしても有名で、毎年数多くのダイバーたちがパラオを訪れています。

今回は、そんな魅力溢れるパラオへ旅行に行った際に、必ず訪れたい観光スポットを10ヶ所をご紹介いたします。

1.ミルキーウェイ

naomi – phototakerさん(@area703)が投稿した写真 – 2015 7月 6 3:01午後 PDT

石灰岩が溶けこんだことから、乳白色になったと言われる不思議な海「ミルキーウェイ」。

 

ここではなんと、肌に白い泥を塗って美肌効果を望む女性も多いのだとか。ボートの上から眺めるのも良いですが、ぜひ海に飛び込んで、その神秘を味わいたい場所です。
■詳細情報
・名称:ミルキーウェイ(Milky Way)
・住所:Rock Islands
・アクセス:コロールからボートで約30分
・マップ:
・URL:https://www.tripadvisor.jp/

 

2.ジェリーフィッシュレイク

photo by pixta

素手で触っても大丈夫!クラゲと一緒に泳ぐことができると有名な「ジェリーフィッシュレイク」。なぜクラゲは攻撃してこないのでしょう?

 

実はこの湖には1種類のクラゲしか生息していないため、天敵がいません。また餌となるプランクトンが豊富で、通常のクラゲのように危害を加えることが全くないのだとか。

世にも珍しいクラゲと共に泳ぐ体験ができる、貴重な場所です。
■詳細情報
・名称:ジェリーフィッシュレイク(Jelly Fish Lake)
・住所:Jelly Fish Lake,Palau
・アクセス:コロールからボートで約30分
・マップ:
・URL:https://www.tripadvisor.jp

 

3.ロングビーチ

maho♡さん(@may1228maho)が投稿した写真 – 2015 12月 10 1:52午前 PST

白く長い砂浜がどこまでも続く「ロングビーチ」は、ロックアイランド中心部のマカラカル島から、ボートで20分ほど南下した場所にある「オモカン島」にあります。
 
 
青く透き通る海は、何時間いても飽きないほど美しいです。
■詳細情報
・名称:ロングビーチ(Long Beach)
・住所:Rock Islands
・アクセス:コロールからスピードボート約40分
・マップ:
・URL:https://www.tripadvisor.jp

 

4.カヤンゲル島

upiさん(@upi12131990)が投稿した写真 – 2016 8月 7 12:01午前 PDT

パラオの中でも最北にある島「カヤンゲル島」。パラオからは少し離れているので、運が良ければビーチを独占できるかも!?
 
  
360度海しか無い貴重な景色を楽しめる場所で、のんびりとした雰囲気にゆっくりと心が癒されていきます。
■詳細情報
・名称:カヤンゲル島 ( Kayangel Island)
・アクセス:コロールから車で北部波止場まで車で約1時間、北部波止場からボートに乗船して約1時間
・住所:Kayangel Island
・マップ:
・URL:https://www.tripadvisor.jp

 

5.カープ島

photo by pixta

様々なマリンスポーツを楽しみたいなら、ぜひ「カープ島」へと足を運んでみましょう。「カープ島」は、多くのダイビングスポットが集まるゲメリスエリアとゲドロス島との間に位置する星の形をした島です。

 

パラオでも屈指のダイビングポイントがたくさんあるので、マリンスポーツが好きな方に特にオススメです。
■詳細情報
・名称:カープアイランド(Carp Island)
・アクセス:コロールから高速ボートで45分
・住所:Carp Island
・マップ:
・URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/カープ島

 

6.アンガウル島

@kinda.hが投稿した写真 – 2015 5月 13 3:47午前 PDT

パラオの南側に位置するアンガウル島には、手付かずの自然が多く残っており、自然の景色はもちろん、豊かな動植物が存在する魅力あふれた美しい島です。

 

また、今でも戦争の跡地が多く残っている場所としても有名。第2次世界大戦から残された戦車跡などを見ると、戦争の悲惨さを感じずにはいられません。
■詳細情報
・名称:アンガウル島
・住所:Angaur, Palau
・アクセス:定期船定期船が1週間に1度、コロールから出ている。所要時間は4 時間
・マップ:
・URL:http://www.ows-npo.org/angaur/

 

7.ガラスマオの滝

photo by pixta

「ガラスマオの滝」は、パラオ最高峰である「ゲレチェルチュース山」の近くにあるパラオ最大の滝です。

 

すだれのように流れ落ちる水は、日差しを浴びてきらきらと輝き、その美しさは他では決して味わうことはできないほど。行く途中にジャングルトレッキングも楽しめるのも魅力です!
■詳細情報
・名称:ガラスマオの滝
・住所:Ngiwal, Palau
・アクセス:コロールから車で約40分で滝の入口に到着
・マップ:
・URL:http://www.palau.or.jp/act/index.html#05

 

8.ストーンモノリス

Eikaさん(@chenyingchia)が投稿した写真 – 2016 2月 4 7:07午前 PST

「ストーンモノリス」は、バベルダオブ島の最北端・アルコロン州にあり、高さ約1~2メートルの石柱が50以上、海沿いの草原地帯にずらりと並ぶ謎の石碑の一群です。

 

その中には、人の顔を施したようなストーンフェイスもあるようで、いつ、誰が、何のために作ったのか、いまだに解明されていないミステリーゾーンとして注目を集めているスポットです。
■詳細情報
・名称:ストーンモノリス
・住所:Box 7076, Koror, Koror Island 96940-0868, Palau
・アクセス:ストーンモノリス・ツアーへ参加が必要

・マップ:
・URL:http://palau.or.jp/act/index.html#06

 

9.WCTCショッピングセンター

Miao Miao Yenさん(@miaomaio0724)が投稿した写真 – 2014 3月 5 7:19午後 PST

パラオ最大のショッピングセンターである「WCTC」は、お土産からアパレルまでバラエティーに富んだ品揃えが魅力です。

 

1階は食品、2階は洋服が中心に並んでいます。パラオ住民の生活の雰囲気を楽しむこともできるので、一度は足を運んで欲しいオススメのショッピングスポットです。
■詳細情報
・名称:WCTCショッピングセンター
・住所:WCTC Shopping Center, Main St, Koror, Palau
・アクセス:スーランゲルの向かい側
・マップ:
・営業時間:(1階)7:00~22:00、(2階)10:00~21:00
・定休日:クリスマス、元旦
・電話番号:480-1484
・URL:
https://www.tripadvisor.jp

 

10.パラオ国立博物館

江晨瑋 Vivian Chiangさん(@vivi1233333)が投稿した写真 – 2015 11月 28 7:38午後 PST

「パラオ国立博物館」は、ミクロネシア最古の博物館として知られており、館内には約3万点もの展示品が並んでいます。

 

パラオ古来の斧・槍、各種漁具、マネービーズなど、パラオの伝統的文化の一端を知ることができる品が鑑賞できます。また、いろいろな物語を木彫りした「ストーリーボード」も数多く展示されています。
■詳細情報
・名称:パラオ国立博物館(Belau National Museum)
・住所:P.O. Box 666 Koror, Palau 96940
・マップ:
・営業時間:
【平日】9:00am − 5:00  【土曜日】10:00am − 5:00pm 【日曜日】 1:00pm − 5:00pm
・定休日:Palau National Holidays
・電話番号:680-488-2265
・公式サイトURL:http://www.belaunationalmuseum.net/#_=_

 

広大な美しい海が魅力のリゾート地

マリンスポーツ好きの人には特にオススメ!豊かな自然と美しい海に、心が癒されるパラオ。また自然景観だけでなく、第二次世界大戦の跡などもあり、歴史を学べる場所としても重要です。

皆さんも、パラオの雄大で貴重な自然景観を見て、心の底から清々しい気持ちになりましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

バハマの豚の島『ビッグ・メジャー・ケイ』にGO
澄んだ水に青い空!石垣島のおすすめ観光スポット8選
美しくそびえ立つ10の灯台がため息が出るほど美しい!
【世界3大フルムーンパーティー】タイのパンガン島で行われるフルムーンパーティーとは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP