体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワコム、紙に書いた文字やスケッチをデジタルデータ化できるスマートパッドの新モデル「Bamboo Slate」と「Bamboo Folio」を発表

ワコムは 9 月 1 日、ボタン一押しで紙に書いた文字やスケッチをデジタルデータ化できるスマートパッドの新モデル「Bamboo Slate」と「Bamboo Folio」を発表しました。発売時期は 10 月下旬で、ワコムストアや一部の家電量販店、文具店で販売されます。Bamboo Slate はクリップボード式のスマートパッドで、A5 サイズのスモールサイズと A4 サイズのラージの 2 モデルが用意されています。それぞれの価格は順に 15,000 / 18,000 円 + 税です。Bamboo Folio はカードポケット付きのカバーの付いた手帳タイプのスマートパッドで A4 サイズのみで展開されます。価格は 23,000 円 + 税です。Android では、管理アプリ「Wacom Inkspace アプリ」をインストールすると Bluetooth 接続でデジタルデータが転送され、手書きの文字がリッチテキストに変換・保存されます。また、ワコムのノートアプリ「Bamboo Paper」やワコムのクラウドサービス「Inkspace」、また「Dropbox」や「Evernote」、「OneNote」などでデジタルデータを利用できます。Source : ワコム(Bamboo Slate)(Bamboo Folio

■関連記事
Google、10月4日に新型Nexus、4K Chromecast、Daydream View、Google Homeの発表イベントを開催予定
Android版「AWA」に次に再生ボタンや新しい特集が追加
Samsung、スペックアップを図った「Galaxy J7 Prime」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。