ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、スペックアップを図った「Galaxy J7 Prime」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung は、若年層向けのスマートフォンシリーズ「Galaxy J」の新モデルとなる「Galaxy J7 Prime」を発表しました。Galaxy J7 Prime は今年中国で発売された Galaxy J7(2016)の改良版で、ディスプレイやプロセッサなど主要な部分に大きな違いはありませんが、ROM 容量やフロントカメラのスペックが引き上げられています。Galaxy J7 Prime の主要スペックは 5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの AMOLED ディスプレイ、Exynos 7870 1.6GHz オクタコアプロセッサ、3GB RAM、32GB ROM、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 800 万画素カメラ、3,300mAh バッテリーを搭載。OS は Android 6.0 で、前面には指紋リーダーを搭載。また、前後カメラには F/1.9 の明るいレンズが使用されています。Source : Samsung

■関連記事
Google、Project Araの発売・開発計画を中断
IFA 2016 : TCL、Androidベースのスタンドアロン型VRヘッドセット「Alcatel Vision」を発表
今年のNexusスマートフォンは「Pixel」と「Pixel XL」で展開?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP