ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドローンのカメラ映像でロケット&レーザー攻撃

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近年大流行のドローンですが、ちょっと過激な遊びができるように、ドローンから暗黒面のポテンシャルを引き出してみましょう。ドローンにロケット&レーザー砲を搭載して、カメラ映像を見ながら攻撃できるように改造するのです。ドローンを空飛ぶ砲台に改造してみましょう。

ドローンのカメラ映像で無人攻撃

今回作るのは、高出力レーザーとロケット砲(ロケット花火)搭載のドローン。空中を飛び回りながら、ドローンのカメラ映像を見ながらレーザービームやロケットを発射できる無人攻撃機です。

本体のドローンは、編集部に眠っていたパロットの「AR.Drone 2.0」を使用します。付属カメラの映像は、専用アプリを入れたスマホでリアルモニタリングが可能です。

レーザーは、海外通販で入手したレーザーポインターを搭載します。あまりに高出力だと構造が大きくなるので、100mWをチョイスしました。ロケット発射は、100均でも見かけるUSBライターで点火します。

ドローンのカメラ映像で照準合わせ

ドローン本体は手を付けにくい構造なので、追加装備は本体上部の外装に装着しました。下部には、超音波距離センサーやカメラがあり、干渉しないようにするためです。

また、レーザーやロケットランチャーを遠隔操作するために、プロポとは別に無線ユニットを外付けしました。光センサーを付けて、ドローン同士の空中戦も面白そうです。

これで、カメラの映像を見ながら、レーザー光線でターゲットに照準を合わせ、ロケット攻撃するといった遊びもできます。しかも、ロケット花火の煙でレーザー光線がよく見えるので、雰囲気も抜群です。(文/レナード三世)

関連記事リンク(外部サイト)

無線ルーターのおすすめ簡単パワーアップ改造
エポキシ接着剤の溶接並みの強度を試してみた
2×4材と突っ張り金具で室内に柱を追加する
車の傷消し!自分で修復するための4工程とは
電子工作のプロが愛用するおすすめの工具セット

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP