体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MeteoroiD、過去最高動員のワンマンで熱狂のステージを披露『お前等の居場所はここだ!』

9月1日 高田馬場AREAにて、MeteoroiDのワンマンライヴ『居場所の啓示』が開催された。
9月1日@高田馬場AREA (okmusic UP's)
4月に新たなコンセプト《平成の“ヤミ”をお掃除しましょう。》を打ち出し、「世の中、そしてヴィジュアル系シーンの歪みや鬱屈を一層しよう」という思いを込めて走り出したMeteoroiD。「9月1日の公演では、MeteoroiD史上最高動員を目指す」という目標を掲げ、会場限定シングルを発売し、積極的に対バンイベントへ参加。更には初の海外公演も成功させた。この日のライヴはそんな彼等の2016年の夏の集大成が、なりふり構わない全力の力で叩き付けられるような内容となった。

『お前らの“居場所”はここだ!』という幻鬼(Vo)の叫びと共に、ライヴ本編は最新メンヘラお祭りナンバー「世界は私を嫌ってる」で幕を開けた。グッズの扇子をもちいた振り付けで踊り、会場のテンションは初っ端から一気に上昇。間髪入れずに人気曲「Mr.famous」を投下して、モッシュでフロアが大きく揺れる。

その後も、初期の代表曲「GEMINI」や、最新シングル曲「めんへら輪舞曲」など、新旧問わずアッパーチューンが次々披露された。この日の彼等は、演奏もパフォーマンスもいい意味で必死だったことが印象的だ。全力でコーラスするraL(B)、『今の2倍声出せ!』とフロアに吠える幻鬼……。カッコいい曲をカッコいい音で、目の前のファンに全力で届けることに死ぬほど一生懸命だった。セットリストすら、新曲から初期の名曲まで、バンドの全てを振り絞った全力試合だ。

中盤のセクションでは手を品を変え、これでもかと“魅せる”ステージを展開。暗転したステージでバンドサウンドが絡みあうなか、『君を眠りの森へ……』というランタンを持った幻鬼の囁きから、ライトの光が一気に広がる演出が劇的だった「いばら姫」。シーケンスのピアノサウンドやコーラスが壮大なミディアムナンバー「黄泉の風」。幻鬼が拡声器を使い、まるでプロパガンダのようにファンに敬礼を呼びかける「背徳者に敬礼を」など、「ヴィジュアル系が好き!」と言い切る彼等ならではの、目からも耳からも心を揺さぶるパフォーマンスが続く。

『今日はご来場頂きありがとうございます! ここらで会場の皆さん、一つになろうと思うんですが、いけますよね!? 後半戦もぶっとばしていこうぜ!』と力一杯叫ぶraLと朋夜(Dr)に煽られて会場がコールアンドレスポンスで一つに。後半戦一発目はMeteoroiDの初期代表曲「DIVER」だ。快心の笑みでギターをかき鳴らすマチ(G)、幻鬼にマイクを向けられはにかむ帝(G)、疾走感溢れるメロコアナンバーのなかで、会場に多幸感が満ちた。

『お前等がここにいることを証明しろ!』(幻鬼)。本編ラストは名曲「リトルボーイ」。疾走するバンドサウンドに祈るように歌い上げる幻鬼の声が重なった。《背負って行くと決めたからキミと共に キミが君でいられるように そう願うよ》同曲ラストの歌詞が、まるでこの日のこのライヴの為に書かれたもののように突き刺さったのは筆者だけではなかったはずだ。

アンコールパートでは、今日のライヴが終わるのを惜しむようにたっぷり6曲が披露された。メンバーが学ラン風の新衣装に着替えて登場し、黄色い歓声が上がる。そして、9月1日が誕生日のマチに、ファンとメンバーからバースデーサプライズが贈られる場面も。『俺、こういうの弱いんだよ……』と、マチが目を潤ませる和やかな雰囲気のなか、MCでは注目の“過去最高動員”へのチャレンジの話が上がった。

『今日の目標である、“過去最高動員”ですが……達成することができました! 皆さんのお陰です。ありがとうございます」(幻鬼)。嬉しい知らせに、ファンから歓声が上がる。2016年の夏を誰より全力で駆け抜けたMeteoroiDの願いは、ちゃんと届いていた。

『2017年、MeteoroiDは挑戦します。ツアーでは全ての会場で過去最高動員を達成したいです。アンコールでも過去最高の盛り上がりを見せてもらえればと思います!』(幻鬼)。真摯な言葉でMCを締めくくり、アンコール一発目は「オトギリソウ」。ファンは扇子を持って踊り、メンバーは笑顔を交わしてステージを縦横無尽に暴れ回って、フロアの熱は瞬く間に再沸騰した。

MeteoroiDの新たなアンセム「平成の“ヤミ”をお掃除しましょう」では、ファンのシンガロングが会場を包む。《居場所がほしい 必要とされたい 生きる意味がほしい》英語で“流星の元になるもの”がバンド名の由来のMeteoroiD。「例え宇宙のチリだとしても、一瞬でも輝ける場所があればいい」という思いを持って結成した彼らと、そのファンが輝ける場所は、やはりこの空間なのだ。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。