体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本にもラピュタがあった!和歌山の無人島「友ヶ島」が別世界

日本にもラピュタがあった!和歌山の無人島「友ヶ島」が別世界

ラピュタのような島が実在するとしたら、行ってみたいと思いませんか? 実は日本の紀淡海峡に浮かぶ島にラピュタを彷彿とさせる友ヶ島があります。今回はそんな友ヶ島の見所をご紹介。

要塞時代は島に入ることが禁止されていた!紀淡海峡に浮かぶ友ヶ島

日本にもラピュタがあった!和歌山の無人島「友ヶ島」が別世界
(C) facebook/友ヶ島汽船株式会社

友ヶ島は和歌山県の紀淡海峡に浮かぶ島です。かつてこの島は国を守るための要塞でした。明治期に要塞、砲台が築かれて以来、第二次世界大戦が終わるまで一般の人が近づくことはできませんでした。現在は、瀬戸内海国立公園の一部となり、島内を巡るハイキングコースもあります。

■関連記事
【和歌山】勝浦漁港でマグロの競り見学!漁港前の朝市で朝ごはんもhttp://tabizine.jp/2015/07/12/40244/

古い歴史に思いを馳せながら散策したい、まるでラピュタのような友ヶ島の魅力

日本にもラピュタがあった!和歌山の無人島「友ヶ島」が別世界
(C) facebook/友ヶ島汽船株式会社

友ヶ島の見所は、洋式灯台、第2砲台跡、展望台、第3砲台跡、桟橋などがあり、約1時間30分ですべて観光できます。ただし、島内はアップダウンが激しいため、歩きやすい靴で行くことを忘れないでくださいね。

やや朽ちたレンガの建物に木が茂っている第五砲台跡・・・まるでラピュタのワンシーンのようですね。

日本にもラピュタがあった!和歌山の無人島「友ヶ島」が別世界
(C) facebook/友ヶ島汽船株式会社

日本にもラピュタがあった!和歌山の無人島「友ヶ島」が別世界
(C) facebook/友ヶ島汽船株式会社

こちらは砲台跡の中の画像。古い歴史に思いを馳せ、友ヶ島を巡ると何とも言えない気持ちに・・・。廃墟好きな人にはたまらない場所かもしれませんね。

日本にもラピュタがあった!和歌山の無人島「友ヶ島」が別世界
(C) facebook/友ヶ島汽船株式会社

こちらは友ヶ島の見所のひとつ、第三砲台跡。いつの間にかラピュタの世界に入り込んでしまった! と思うほどの美しい光景です。

■関連記事
日本のハワイ!海と温泉に恵まれたリゾート「南紀白浜」8つの魅力
http://tabizine.jp/2016/02/24/60213/

日本にもラピュタがあった!和歌山の無人島「友ヶ島」が別世界
(C) 友ヶ島汽船株式会社公式ブログ

こんな場所も。レンガの壁に木の枝が力強く絡んでいて、木の生命力の強さを感じます。

日本にもラピュタがあった!和歌山の無人島「友ヶ島」が別世界
(C) facebook/加太観光協会

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。