体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【TSスマホカメラ部 ⑧】1,500円でスマホ写真がここまでアートに! 外付けレンズのススメ

スマホでの撮影テクニックを探求し、SNSでたくさんシェアしてもらう写真を模索するTSスマホカメラ部。今回のテーマは、スマホカメラのレンズにかぶせることで、広がりのあるワイドな写真や、被写体にぐぐぐと迫った写真が撮れる「外付けレンズ(コンバージョンレンズ)」の実力に迫ります。

その外付けレンズの多くはクリップタイプで、レンズの位置にあわせて本体を挟むだけとお手軽。価格的にもこなれてきまして、かつては「広角レンズ」「魚眼レンズ」「マクロレンズ」の3種セットで1万円近くしたものが、いまや1,500円程度から選ぶことができます。

そこであらためて、外付けレンズを使うとスマホ写真はどう変わるのかを考えてみるのが、今回のテーマ。プロカメラマンの森カズシゲさんにお話をうかがいつつ、その効果的な使い方を追求してみます。

そもそも「広角レンズ」「マクロレンズ」とは?

今回の撮影に使った「カメラレンズキット クリップ式 3点セット」(TaoTronics)。レンズは3種。左から広角レンズ、魚眼レンズ(マクロレンズに重ねて使用)、マクロレンズ。セットにはクリップ、レンズキャップ、持ち運び用のポーチ、クリーニングクロスが付属

今回取材用に購入したのは、Amazonのスマホ用レンズ部門でベストセラー1位だった、TaoTronicsの「カメラレンズキット クリップ式 3点セット」。「広角レンズ」「魚眼レンズ」「マクロレンズ」の3種がセットでお値段なんと1,599円(※2016年8月26日時点)と、かなりお買い得な品ですが――そもそも「広角レンズ」「マクロレンズ」ってなんなんでしょう? さっそく森カメラマンに「広角レンズ」から、解説いただきましょう。

「広角レンズというのは、簡単に言っちゃうと、普通のカメラレンズに比べてワイドに写せるレンズのことです。たとえば狭い屋内で、部屋全体の雰囲気がわかるインテリア写真や、大勢の集合写真を撮りたくても、普通のレンズだと全部入りきらないですよね。自分が後退すれば写るんですけど、背後に壁があったら無理。でも広角レンズなら撮れるんですよ」

■iPhoneで普通に撮影

■iPhone+広角レンズで撮影

上は、なにもつけずにiPhoneカメラで撮った写真。下は、同じ位置から、広角レンズを装着して撮った写真です。広角で撮ると個展会場全体の雰囲気がわかりますね(撮影協力/中村 隆)

■iPhoneで普通に撮影

■iPhone+広角レンズで撮影

海や山、空などの風景写真もスマホカメラで撮ると上のようになりますが、同じ位置から広角レンズで撮ると、下のように広大でダイナミックな仕上がり

ちなみに、広角レンズを極端にワイド化したものが「魚眼レンズ(超広角レンズ)」。180度に迫る広さで撮影でき、被写体や風景がデフォルメされてまん丸に写る特殊なレンズです。

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。