ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ルンバのライバル「Neato」の掃除ロボ、4万円程度の新モデルが日本市場でもリリースへ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロボット掃除機といえばルンバが代名詞的存在だが、一方で実用性が高いと評判なのが米国Neato(ネイト)の「Botvac」。

そのBotvacに、2つのお手ごろ価格モデルが加わる。今秋にも米国と欧州で発売を開始し、その後日本と中国のマーケットに投入する。

・レーザー誘導テクノロジー

新モデルは「D3」と「D5」。上位モデルの「Connected」と同様、Wi-Fiに対応し、レーザー誘導テクノロジーで部屋の隅々まできれいにする。

また、複数の部屋の掃除もでき、予約機能もある。自動充電などの便利さもそのままだ。

・掃除面積が小さく

では、Connectedと何が違うかというと、まず1サイクルできれいにできる面積が挙げられる。Connectedが最大5000sqftなのに対し、D3は1800 sqft 、D5は4500sqftと小さくなる。

また、掃除に使うブラシもD3とD5にはスパイラルブレードブラシがつかないので、Connectedに比べ仕上がりは若干劣りそうだ。

・デイリー使いに

ただ、ひどく汚れてはおらずホコリやペットの抜け毛が気になる、といった程度の掃除であれば十分機能しそう。

むしろ、そんなに高機能でなくてもよい、というコンシューマーの需要に応えるものという見方もできる。

価格はD3が399ドル(約4万1000円)、D5は599ドル(約6万2000円)。Connectedの699ドル(約7万2000円)に比べれば手に取りやすい。

ロボット掃除機は最近、新商品の登場が相次いでいるが、ますますホットな分野になりそうだ。

Neato

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP