ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホーム転落事故で視覚障害者「どうか声をかけてください」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 8月15日午後5時半過ぎ。1日の利用者が約11万人にものぼる東京・青山一丁目駅は、お盆真っただ中ということもあってか人がまばら。渋谷に向かう銀座線のホームで電車を待っていたのは15人ほどだった。その中に、盲導犬を連れた男性がいた。男性は右手に盲導犬のハーネス(胴輪)を持ち、なぜかホーム側に盲導犬を連れて、自身は線路沿いを歩いていた。

 このとき、ホームにいた整備員は、徐々に線路に近づく男性を見て、あわてて「白線の内側にお下がりください」との構内放送を行った。しかし男性は放送の甲斐なくそのまま線路に転落。ホームには盲導犬が残されていた。整備員はすぐに、ホームに迫ってくる電車を止めるため、非常停止ボタンを押した。

 ところが、それも間に合わなかった。亡くなった男性は品田直人さん(享年55)。この日が彼の55回目の誕生日だった。盲導犬のワッフルは助かった。

 事故から10日。本誌・女性セブン記者は現場を訪れた。それまで意識したことはなかったが、改めて気づくことが多かった。

 銀座線は1927年、浅草-上野間で運行された日本で最初の地下鉄で、青山一丁目駅が開業したのは今から78年前の1938年。ホームの幅は狭く、天井も低い。だからなのか、電車の音がこもってしまい、ホームに電車が進入するときの音は、他の駅よりもすさまじく大きく感じた。またニュースでもさかんに指摘されていた、点字ブロックが柱と重なっている点に関して、改めて確認してみると、柱の端から線路までは、1m20cm。両手が充分に伸ばせないほど幅が狭い。電車が進入している時に、白線の内側にあるこの点字ブロック上にいると、轟音とともにものすごい風圧を受け、恐怖を感じた。

 社会福祉法人『日本盲人会連合』の組織部長・藤井貢さん(63才)は外出の際は白杖を手にしているが、「地下鉄はすごく威圧感、圧迫感があり、恐怖だ」と言う。

「特に青山一丁目駅の反響音はすごい。自分側のホームに電車が入ったのか、反対側に入ったのかよくわからないこともあるほど」(藤井さん)

 この事故を受け、さまざまな議論が飛び出しているが、取材を重ねる中で見えてきた問題は、まったく違うところにあった。

 ワッフルを育成貸与した北海道盲導犬協会の訓練所長・和田孝文さんは、「今回の一件で、盲導犬や目の不自由なかたのことを皆さんがまだまだ正しく理解されていなくて、とても残念に思った」と言う。

 盲導犬と聞くと、私たちはついついスーパードッグがいる視覚障害者は安全が確保されているように思ってしまう。

 昨年10月、盲導犬と一緒に通勤中だった視覚障害者(享年50)が、前方からバックしてきた2トントラックにはねられた。男性も盲導犬も亡くなったこの事件では、「盲導犬は本能的に飼い主をかばったのかもしれない」などと伝えられたが、こういった盲導犬の話はたくさんある。そのため、今回の事故で、盲導犬だけが助かったことに「なぜ?」の声が上がっている。前出・和田さんが続ける。

「盲導犬が視覚障害者を連れて歩くのではなく、視覚障害者と盲導犬の共同作業で歩いています。盲導犬の仕事は5つ。指示で前に進む、交差点で止まる、障害物を避ける、指示された物を探す、車が来ているときに“前に進め”という指示を出しても、“従わず、動かない”ということ。そして褒めて教えることが基本です。

 また当協会では駅のホームは、線路側を盲導犬が歩くというのも基本。人が線路側にいた場合、どこまで端に寄ったら人が踏み外すのか、犬に意識させるのは難しいのです。盲導犬が線路に落ちそうになったら、落ちまいとします」

 しかし前述したとおり、品田さんの立ち位置は、基本の逆だった。

「駅のホームも“極力歩かない”というのが基本。ホームに出たら極力移動せず、止まる。電車が来て、ドアが開いてから歩き出せば、線路に落ちることを防ぐことができます。歩くほどリスクは高まるんです。

 しかし、皆さんが尋ねるように、基本指導と違っていたから品田さんが落ちてしまったとか、単純なことではないと考えています。視覚障害がない人でも、考え事をしていたら赤信号なのにふっと車道に飛び出したということもありますから」(和田さん)

◆どんなに慣れている場所でも視覚障害者にとって駅のホームは死と隣り合わせ

 日本盲人会連合が視覚障害者252人を対象に行ったアンケート(2011年実施)では、「ホームからの転落経験がある」と答えたのは37%。「転落しそうになったことがある」と答えた人は実に60%にものぼった。そして「どのようにしたら転落を防げると考えますか」との問いには、ほとんどすべての人が「ホームドアの設置」(複数回答)と答えている。

 国土交通省鉄道局都市鉄道政策課の担当者によると、現在全国9500駅のうち、655駅にホームドアが設置されており、「東京五輪のある2020年度末までに、全国800駅にホームドアを設置したい」という。2011年の段階で、「利用者数が1日当たり10万人以上の駅について、ホームドアを優先的に整備する」と打ち出しているが、これに該当する全国251駅のうち、ホームドアが設置されているのはわずか77駅。これは全体の30.7%で、1日11万人が利用する青山一丁目駅は、繰り返すが、ホームドアが設置されていなかった。

 鉄道評論家の川島令三さんは、ホームドアの設置が進まない理由をこう説明する。

「今回事故が起きた銀座線の青山一丁目駅は、構造的にホームドアの設置が難しい。他の路線も含めてほとんどの駅のホームは、ホームドアの重量に耐えられる設計にはなっていません。なのでまずはホームの補強から始めなければなりません。そして銀座線の大半の駅のホームにある柱が、線路の直近に建っていることがいちばんの問題。ホームドアをつけても、ホームの黄色い線の近くに柱があって歩行の邪魔になったり、稼働柵のところにちょうど柱があると電車の乗り降りがうまくできません。柱を壁寄りに移設してからホームドアを設置することになっていますが、大掛かりな工事になるので、着手が遅れています」

 実は品田さんは、青山一丁目の駅職員の間でよく知られていた。品田さんのような視覚障害者や車椅子の人などはフォローが必要なため、職員間で情報共有が徹底されているのだ。「それにもかかわらずなぜ」との思いが一層募る。

「体の不自由なかたが利用する場合にはその動向に注意するとともに、声がけが必要な場合は、迷わず声をかけています。特に初めてお見かけするかたはそうしています。一方で普段から利用されている人に関しては声がけをしても“大丈夫”と言われるのが現状。品田さんは少なくとも2か月以上前から、安全に同駅を利用されていたので、積極的に声がけをしていませんでした」(東京メトロ広報室報道担当)

 前出の藤井さんは、自身もホームに転落したことがある。

「歩いているときは自分はちゃんと歩いているという確信を持っています。しかし方向性を見失うこともある。どんなに慣れている駅でも、進行方向に荷物が置いてあったり、人が立っていたり、歩きスマホでぶつかったり、そのたびに進行方向を修正していくなかで、自分の目指す場所と正反対の場所に立っていることもあるんです。

 ホームドアは迅速に設置してほしいと切に願いますが、駅の係員や乗客の皆さまに、“危険ですよ”と声をかけていただければと思います。視覚障害者のほうが無視をしてしまう場合もあるかもしれません。でも、どうか懲りずに声をかけてください。その人は自分に呼びかけているのかどうかがよくわかっていないかもしれません。“白杖を持っているかた、危ないですよ”“盲導犬を連れたかた、立ち止まってください”など具体的に声をかけてください。厚かましいお願いですが、“大丈夫”と言われても、どうか声をかけてほしいのです。また右か左かも明確に伝えてください。“白杖を持っている方向に”とか、ホームでも“内側に”ではなく、“白杖を持っている方向に”と教えてほしいです」

 ホームは「欄干のない橋」「柵のない絶壁」とよくいわれるが、視覚障害者にとっては、まさに死と隣り合わせの場所。だからといって電車に乗らないというのは、人間としての自由に生きる権利を、自ら放棄することに等しい。

 余計なモメ事には巻き込まれたくない。無関心であるほうがいい──この現代社会では、そんな風潮ができあがってしまっている。しかしもう、そんな無関心はやめにしませんか。

「いろいろ言われていますけど、品田さんはあえて線路側を歩いていたんじゃないでしょうか? ワッフルが線路に落ちたら大変だって、ワッフルを守るように線路側を歩いたんじゃないかって…。そんな気がしてならないんです」(前出・品田さんの知人)

 いつも注意深く、自分のことよりも周りの安全を優先させていた品田さん。青山一丁目駅という危険な場所で、ワッフルに対して保護者のような思いだったのだろうか。

「ワッフルは品田さんの葬儀を終えて、ここ、北海道盲導犬協会に帰ってきました。今後も盲導犬として活躍するかは、ワッフルの年齢や相性の合うかたがいるかということもありますからわかりませんが、一生、人のそばで暮らします。先日、品田さんのご家族からお電話をいただきました。“ワッフルはとてもいい子でした。今までありがとうございました。これからもワッフルをよろしくお願いします”とおっしゃっていました」(和田さん)

 線路側を歩いていた品田さん。急いでいたのか、危険だといわれているはずの、ホームでの移動が、この日の防犯カメラにはしっかり写っていた。自宅では、家族がアイスケーキを用意して、この日誕生日を迎えた主役の帰りを待っていたという。

※女性セブン2016年9月15日号

【関連記事】
日本の盲導犬数は約1000頭 必要としている人は推定約8000人
泉ピン子 収録現場に募金箱を置いて誰が入れるかをチェック
中国で強奪された盲導犬 「ゴメンナサイ」のメモ付きで戻る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP