体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウィンナーとソーセージ、ツナとシーチキン。知らなかった身近な食材の違い【まとめ6選】

ウィンナーとソーセージ、ツナとシーチキン。知らなかった身近な食材の違い【まとめ6選】

普段、何気なく使っている「食材」にまつわる言葉も、明確に何が違うのかと言われると答えられないことがあります。

例えば、ハムとベーコン、唐揚げと竜田揚げ、ツナとシーチキン…などなど。これらの違いを理解することは、ただの雑学としてだけではなく、その食材の歴史やルーツを知るキッカケにもなるかも!?

01.「ハム」と「ベーコン」はここが違う!

ウィンナーとソーセージ、ツナとシーチキン。知らなかった身近な食材の違い【まとめ6選】

普段何気なく食卓に並ぶ「ハム」と「ベーコン」ですが、じつは材料と作り方が違います。

「ハム」は主にもも肉を使用していて、製造工程では塩漬けし、熟成させたあとにケーシング(型に詰める)や糸で巻いたあと、さらに薫製させます。仕上げにスチームで蒸したりボイルして完成。ちなみに、ハムは「加熱食肉製品」となります。

一方で「ベーコン」は主にバラ肉を使用していて、製造は裸肉の塊を塩漬けして熟成し、低温で薫製にします。仕上げにボイルやスチーム加工などを行わず、薫製で終わるものを「ベーコン」と呼んでいるのです。そしてベーコンは「保存食品」になります。

→詳しい記事はこちらから。

02.知っておきたい「ウィンナー」と「ソーセージ」の違い

ウィンナーとソーセージ、ツナとシーチキン。知らなかった身近な食材の違い【まとめ6選】

あまり「違い」を意識したことがない2つかもしれませんが、雑学として覚えておくといいかも。

「ソーセージ」とは「腸詰め」のことです。一般的に、塩漬けされた肉を挽き、これを香辛料などで味付けして、腸に詰め、乾燥または燻製します。語源には諸説ありますが、salsus(ラテン語で「塩漬けされた」の意)という説が有力なようです。

「ウィンナー」はその中の一種で、「ウィーン風」という意味です。どのような違いがあるのでしょうか。

・ウィンナーソーセージケーシング(動物の腸、なかには人工のものも)には、羊の腸が使用され、太さが20ミリ未満のもの。

・フランクフルトソーセージ豚の腸が使用され、太さが20ミリ~36ミリのもの。

・ボロニアソーセージ牛の腸が使用され、太さが36ミリ以上のもの。

→詳しい記事はこちらから。

03.ビスケット、クッキー、サブレ日本での定義は?

ウィンナーとソーセージ、ツナとシーチキン。知らなかった身近な食材の違い【まとめ6選】

昔から親しまれていますが、意外とその違いを明確には説明できないのでは?

日本では「ビスケット」は広義で焼き菓子全般に使われます。狭い意味では、主に「固めの焼き菓子」のこと。

そして「クッキー」は、ビスケットのなかでも「手作り風の外観を持ち、原材料の中の糖分と脂肪分が合計40%以上含まれるもの」と定められています。

「サブレ」は、ビスケットやクッキーよりも、バターとショートニングの比率が2倍ほど多いのが特徴的。これによって、ビスケットやクッキーよりもバターの風味が強く、サックリとした食感になります。

アメリカやイギリスではまた異なる定義があり、日本ほど区別がない傾向にあるんだとか。

→詳しい記事はこちらから。

04.意外な「ツナ」と「シーチキン」の違い

ウィンナーとソーセージ、ツナとシーチキン。知らなかった身近な食材の違い【まとめ6選】
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会