ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なんて美しいの…!光の糸が織りなすワイヤーランプが幻想的

DATE:
  • ガジェット通信を≫

無数のワイヤーがひとつのランプを形成する“世にも美しいライト”が誕生しました。

Kickstarterで公開中の「URI Led Light Bulb」は、未来的デザインが印象的なLED電球。

“URI”とはギリシャ語で“神の光”を指す言葉だそう。

「URI Led Light Bulb」はレーザーカッターを使って作るため、ランプの形状は自由自在。

今回発表された6つのデザインは、“Venus”“Mars”“Earth”“Wave”“Sun”“Jupiter”と名付けられ、それぞれのイメージに沿って制作されたのだとか。

見た目だけじゃない

電飾の明るさは3ワット(25ワット相当)だそうで、110Vもしくは220V対応。寿命は1万5000時間程度というから、かなりエコなのでは?

消費電力を抑えて長持ち、また熱を放出しにくいLED照明は、やさしい光がルームライトや間接照明にぴったりで、インテリアとしても優秀。

幻想的なムード

天井から吊り下げたり棚に飾ったりして、ディスプレイを楽しめそうですね♪

「URI Led Light Bulb」Kickstarterにて9月29日(現地時間)まで出資者を募集しており、いまなら380香港ドル(日本円で約3万9000円)以上の出資で、好きなデザインの電球が1つ贈呈されるといった特典もあります。

おしゃれな間接照明をお探しの方は一見の価値ありかも!

Kickstarter(URI Led Light Bulb)
https://www.kickstarter.com/projects/223369358/uri-led-light-bulb-i-modern-lamp-design-for-home-i

ライト(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP