ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大和ハウス、沖縄の暮らしを疑似体験できるVRサービスを導入

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大和ハウス工業株式会社は、沖縄の暮らしをVRで疑似体験できるプレゼンテーションシステムを導入することを発表しました。

本システムは、大和ハウスグループの株式会社メディアテックが、カディンチェ株式会社と共同で提供するVRサービス。2016年9月1日から開始される「ジ・オーシャンテラス豊崎 シーサイドテラス」の販売に合わせて導入されます。

今回の映像では、「すぐそばにある沖縄の暮らし」をコンセプトに、「サンセットテラス」の契約者に多い50~60代の夫婦を想定。「那覇空港」に到着後、夫婦二人で「美らSUNビーチ」の散歩や海の家での食事を楽しむ1日目の様子と、子世帯とバーベキューやマリンアクティビティを楽しむ2日目の様子をVRヘッドマウントディスプレイを用いて疑似体験することで、より具体的な沖縄の暮らしをイメージすることができるとのことです。

不動産・住宅業界では、360度映像を用いて住宅の内覧ができるサービスなどVRの活用が積極的に行われています。

(参考)
プレスリリース
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000683.000002296.html

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP