ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

疲れやすいのも寝つきが悪いのも「首凝り」が原因かも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

疲れやすいのも寝つきが悪いのも「首凝り」が原因かも

病院に行くほどではないけれども何となく体調がすぐれないなんてことはありませんか? 何となく体がダルい、何となく疲れやすい……。原因不明の体の不調は、もしかしたら首が凝っているのが原因かもしれません。

“首凝り”がどうして体の不調につながる?

人の体の中でも首の周りは神経が集まっている所です。「首が凝る」ということは、首を酷使する生活をしているということですが、そうすると首の筋肉が凝るだけでなく、中の神経に影響を与えさまざまな不調が起こります。次のような不調があったら、首の凝りが原因かもしれません。

□疲れやすい、めまいがする風邪を引きやすい
□食欲不振、下痢や便秘、つばが出にくい
□目が疲れる、目が乾く
□イライラする、やる気が出ない、根気がない

なかには、こんな症状も? と思うものもあるかもしれませんが、これらはどれも自律神経に係る症状で、副交感神経がうまく機能しないことで起こる症状なのです。つまり、首が凝ることで自律神経のバランスが崩れてしまったことが不調の原因となっているのです。今までは不定愁訴と片づけられてしまっていたような症状も首凝りが原因だったのかもしれません。

試してみたい! 首の凝りを取ってほぐす体操

何となく体が不調だけど、その原因が分からなかったという方は、ぜひ、首の凝り取り体操をためしてみてください。現代ではパソコンやスマホの画面を長時間見ることが多く、前かがみの姿勢が首の凝りにつながっていることも多いのです。首の凝りをほぐしたら、体の不調もなくなるかもしれません。

【首の凝り取り体操のやり方】

1.リラックスした状態で首をぐるりと左右にゆっくり回します。
2.顔だけをゆっくり右に向けもとに戻したら左に向けてゆっくり戻します。
3.首をゆっくり後ろに倒しもとに戻します。斜め後ろ、斜め前、前でも同じようにします。

それぞれの動作を5回ずつ行います。1セット5分ほどで終わりますが、できれば1日3回行います。「首の体操」というよりも「首のストレッチ」という感覚で行うと効果的です。

最初のうちは、首の凝り取り体操をするだけでも筋肉痛が起こることもあります。効果が出るまで2週間位かかりますが、少しずつぐっすり眠れるようになったり、肩こりがなくなったりといった効果が出てきます。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。