ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Fossilの「Q Wander」と「Q Marshal」にはSnapdragon Wear 2100が搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Qualcomm がプレスリリースを通じて、最近米国で発売された Fossil の新型 Android Wear スマートウォッチ「Fossil Q Wander」と「Fossil Q Marshal」に同社の Snapdragon Wear 2100 が搭載されたことを明らかにしました。Fossil の第一弾モデルとなった「Fossil Q Founder」では Intel 系のプロセッサを採用していたので、当時はけっこう話題となっていました。第二弾で早くも ARM ベースのプロセッサを採用したのです。変更の理由は当然明らかにされていませんが、おそらく、Snapdragon Wear 2100 の優れた省電力性などが影響したのではないかと推察されます。Snapdragon Wear 2100 は Cortex-A7 ベースのクアッドコア CPU を内蔵したウェアラブルデバイス用のプロセッサで、既存の Snapdragon 400 / 410 よりも小型化・省電力化されていますSource : Qualcomm

■関連記事
台湾でZenFone 3 Deluxeの販売が始まる、パッケージもなかなかのデラックス仕様
Android版Snapseedがv2.9にアップデート、「射影変換」「ホワイトバランス」「顔」など新しい編集機能が追加
Xperia XZとXperia X Compactには就寝中のバッテリーの過充電を防止するBattery Care機能が搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP