ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハンダごては握りやすさと機能にこだわって選ぶ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

何か作りたいな~と思っても、工具がないと始まりません。特に電子回路をいじったり、基板から回路を製作する場合に必要な「ハンダごて」は、ビギナーにとっては特殊なもの。最近は100円ショップなどでも手に入りますが、長く使うなら最初からいいハンダごてを選びましょう。

ハンダごてを選ぶポイントは3つ

電子工作の必携工具が「ハンダごて」です。とはいえ、いざ購入しようにもハンダごては種類や形状もさまざまあります。そこで、ハンダごての選び方を紹介しましょう。

ハンダごてを選ぶポイントは3つ。1つめは自分の手になじむ持ち手、2つめは温度・W数を調整できること、そして3つめはこて先をどこでも購入できること。以上を満たしたハンダごてを選びましょう。

まず、ハンダごてにはストレートとガンタイプが存在します。どちらも機能は変わらないので、長時間の作業でも疲れないよう、自分の手になじむタイプを選びましょう。

ハンダごてを最適温度に調整

次に温度・W数調整。例えばICは20W、LEDなら30W…といった具合に、上級者は部品ごとにハンダごてを最適温度に調整して使います。今後も使い続けていく予定なら、少し高くても調整できるものを選んでください。

そして、最近のハンダごては、ほとんどがこて先を交換できます。しかし、販売店が限られているメーカーのこて先は、欲しい時に手に入らなかったり、何かと面倒。大手メーカー製のものなら、電子パーツショップや通販サイトですぐ買えるので安心です。

そんなハンダごてのおすすめはgootの「TQ-77」です。ターボモードが搭載されており、一時的に温度を上げられます。ハンダ面が広い場合などにあると便利。実勢価格は3,888円です。

関連記事リンク(外部サイト)

無線ルーターのおすすめ簡単パワーアップ改造
エポキシ接着剤の溶接並みの強度を試してみた
2×4材と突っ張り金具で室内に柱を追加する
車の傷消し!自分で修復するための4工程とは
電子工作のプロが愛用するおすすめの工具セット

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP