ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Qualcomm、視線も位置も手もトラッキング可能な一体型VRデバイスを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォン向けのチップセットを製造しているQualcommは、新たなVRデバイスのリファレンスモデルを発表しました。この新たなVRヘッドセットは、PCにつないだり、スマートフォンを挿し込むのではなく、プロセッサを内蔵した一体型のVRヘッドマウントディスプレイです。

Qualcommの新型VRデバイスはSnapdragon VR820と呼ばれているとのこと。VR対応を謳う同社のプロセッサSnapdragon 820を採用したモデルとなります。2880×1440の有機ELディスプレイを搭載し、描画の滑らかさを示すフレームレートは70Hz以上。レイテンシーは18ms以下とのこと。

4基のカメラを搭載しており、2つは内側にあるためアイトラッキングが、フロントについている2つがプレイヤーの位置や手の動きをトラッキングできます。

ジャイロセンサー、加速度センサーなどを備え、さらにマイクが4つ搭載。ODMで製造を行っている中国のGoertek社がデザインを手がけています。

この新型デバイスはリファレンスモデルということで、そのまま市場に投入されるわけではありません。各メーカーがこのモデルを参考に、新たなヘッドセットを開発することになります。

今回発表されたモデルは、「一体型でワイヤレス」、「視線トラッキング」、「位置トラッキング」、「ハンドトラッキング」と言った次世代モデルに求めたい要件が満たされています。

これはOculus Riftなどの現行のハイエンドなVRデバイスが抱える「有線」「PCやPS4などメインマシンが必要」といった問題とGoogle CardboardなどスマホタイプのVRデバイスが抱える「低品質」「頭を動かすことしかできず没入感が低い」といった問題の両方に応えるような要件です。

果たしてどの程度快適な体験になるのかは全くの未知数ですが、その処理を担うチップセットを製造するQualcomm社からこういったモデルが提示されていることは興味深い点です。

8月には同様にインテルが、一体型で位置トラッキングやハンドトラッキングが可能なVRデバイス「Project Alloy」をリファレンスモデルとして発表しています。

(参考)
http://www.roadtovr.com/qualcomm-snapdragon-vr820-vr-headset-reference-design/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP