ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

Galaxy Noteの韓国版は1.5GHzデュアルコアプロセッサーを搭載しLTEにも対応

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 韓国では発売予定のGalaxy NoteはLTEに対応するようです。製品は発表されていませんが、公開されたSamsungの製品カタログに掲載されています。モデル名は「SHV-E160S/L/K」、「SHV-E160S」はSKテレコム、「SHV-E160K」はKT、「SHV-E160L」はLG U+向け。韓国3キャリアより発売が予定されていることが分かります。国際版(GT-N7000)には1.4GHz駆動のExynosプロセッサーが搭載されていますが、韓国モデルは1.5GHz駆動のデュアルコアプロセッサーとなっています。LTEに対応することを考えるとおそらく第3世代Snapdragonが採用されていると思われます。Galaxy Noteとは別に、同じく韓国未発表のGalaxy Tab 8.9 LTE(SHV-E140S/K/L)のカタログ画像も公開されています。韓国では前後共にホワイトのモデルも発売されるようです。ちなみに、Wi-Fi onlyのGalaxy Tab 8.9は発表されています。

Source : Cetizen


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia mini pro、Xperia pro、Live with Walkmanに「4.0.2.A.0.58」ビルドのソフトウェアアップデートが配信中
エプソン、Android 2.2を搭載したシースルータイプのヘッドマウントディスプレイ「MOVERIO(モベリオ) BT-100」を11月25日に発売
ソニー、簡単操作で複数の動画を結合して1本の動画を作成できるAndroidアプリ「video connector」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。