ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

静香「なぜ私が黒幕?」と困惑、さんまが見かねて木村派宣言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 解散発表後、5人のメンバーが初めて顔を揃えた『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の収録(8月24日)。スタジオに部外者が入らないよう、その収録限定のパスが発行されるなど、異例の厳戒態勢で撮影が行われた。

「ピリピリとした雰囲気ながら、収録は恐ろしいほど静かに粛々と終わったそうです。メンバーが舞台裏で言葉を交わすことは一切ありませんでしたが、本番では中居(正広)さん(44才)も木村(拓哉)さん(43才)も明るい雰囲気を作ろうと必死に気を配っていました。香取(慎吾)さん(39才)も笑顔を作っていた」(テレビ局関係者)

 9月初旬放送のビストロSMAPのゲストは橋下徹・前大阪市長。歯に衣着せぬ彼は収録中に解散の話題に触れたという。

「中居さんがなんとか会話を捌いたそうですが、その部分がどれだけカットされずに放送されるかどうか…。それでも、メンバーには年末の最終回までSMAPをやり遂げようという決意が感じられました」(前出・テレビ局関係者)

 そんな中、ある大物芸人の一言が波紋を呼んでいる。

「派閥でいくと、はっきり言うわ。オレは木村派や」

 8月27日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で、後輩芸人に「中居派かキムタク派かどっちなんですか」と聞かれた明石家さんま(61才)は躊躇なくこう断言した。

 同日放送のMBSラジオ『ヤングタウン土曜日』でもさんま節は全開。解散は「早まったこと」と断じた上で、7月下旬に中居と共演した際、「メンバーの仲は知らんけど、ファンだけは大事にしろよ」と忠告したことを明かした。

 さんまと木村の仲はよく知られている。木村は最新のインタビュー(『SWITCH』8月号)で、かつては“キムタク”と呼ばれることに違和感を持っていたが、さんまとの出会いで変わったとこう明かしている。

《それまでずっと抱えていた『何でそんなこと気にしなきゃいけないんだ?』といった思いを、あの人は『なんでやねん?』の一言で片付けてしまった。『いやいや、お前あれやで、生かされてんねんで俺ら』と言われた瞬間、あんなに重たかった荷物が全てなくなった。救われたんでしょう》

 フジテレビ関係者が言う。

「さんまさんも木村くんがかわいくてしょうがない。木村くんに『茶髪にしてみたら』と言われたさんまさんは、すぐに髪を染めていました(笑い)」

 工藤静香(46才)とさんまの親しさも有名だ。

「さんまさんの舞台があると、楽屋には必ず静香さんからの花と差し入れが届きます。さんまさんは周囲に『静香はほんまにええ子やわ』と漏らしています」(前出・フジテレビ関係者)

 そんな木村・静香夫婦にはSMAP解散宣言以降、逆風が吹いている。他メンバーが独立を決意するなか、一度は独立に応じた木村が「家庭のことを考えて」という静香の説得に応じ、ジャニーズ残留を決意したと報じられたのだ。それがメンバーの溝を深めたとされる。

 8月23日、滞在先のハワイから帰国した静香は、「主人の仕事のことは口を出さないのでわかりません」と口をつぐんだ。解散宣言直前のブログ(8月6日)でも「発言しない」を繰り返した。

《言いたいことを言わず、何が何でも我慢するしかない時を十年以上も続けていますが、発言したらキリがない》

 芸能関係者はこんな指摘をする。

「静香さんは表向きは平静を装ってますが、“なぜ自分が黒幕にされるのか”と困惑しています。ファンの行き先のないうっぷんが理不尽に彼女に向けられてしまっている部分がある。さんまさんもそんな静香さんを見かねて、『オレは木村派』発言をしたんでしょう」

※女性セブン2016年9月15日号

【関連記事】
木村拓哉だけの「特例結婚」でメンバーたちは諦めの境地
有吉弘行と夏目三久との熱愛に関する不可解報道の真相
ひとりラーメンのベッキー 連絡とるのはハリセン近藤など数人

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP