ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2年の歳月を経てついに完成!物体を感じるグローブ「Dexmo」はまもなく製品化か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

読者の皆さんは、「Dexmo」という製品を、憶えているだろうか。仮想現実の物体を、振動ではなく、物に触れた“感触”で表現する外骨格グローブ。プロトタイプ発表時にテッカブルでも取り上げ、大きな反響を呼んだプロダクトだ。

その「Dexmo」が、2年の歳月を経てついに完成。試行錯誤を繰り返し、市場販売可能なレベルに到達したという。

・“肉付き”がよくなって再登場!

まず、過去と現在の製品写真を見比べてほしい。だいぶ“肉付き”が、よくなっているのがわかる。それだけでも、本品がたどった進化の過程がいかなるものか、容易に読み取ることができるというものだ。

「Dexmo」の特徴は、ユーザーの指に、物体を触ったときに感じる“抵抗感”を感知させるところ。画面の中でバーチャルの物体に触れたとき、“その物体を触った”感触を、グローブを通じて体感できる点にある。リンゴならリンゴ、剣なら剣と、画面に現れた物体そのものの感触が得られるのだ。

・独自技術でリアルな感触を実現

これを実現しているのが、ワイヤレスモーションキャプチャと独自のブレーキシステム。ブレーキシステムに関しては、過去記事を参照していただきたい。ここで言いたいのは、他のフォースフィードバックデバイスと比べて、「Dexmo」にはさまざまな優位性があるということだ。

本体は非常に軽く、バッテリー電源で稼働するので、ワイヤレスでも比較的長い時間動かすことが可能。手指の自由度も高く、触った物のサイズ・形状を、しっかり感知できるところもうれしい。よりリアルな感触を味わえるのも、本品の利点と言えるだろう。

・製品を組み込めるソフトウエアパートナーを募集中

開発元のDexta Roboticsでは現在、製品機能をフルに生かせるソフトウェアパートナーを募集している最中。単体で市場に出る気配は、今のところなさそうだ。リアルな仮想現実の世界、早く体感したい!

Dexmo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP