体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【復興支援】食べなきゃ損!阿蘇の自然を感じる♪絶品ご当地グルメ5選

郷土料理 阿蘇はなびし

9月最初の「復興支援」企画では阿蘇市をご案内します。阿蘇市で大きな被害を受けた場所の1つが阿蘇神社。

楼門と拝殿が倒壊し、3つの神殿も大きな被害を受けましたが、今では仮説参拝所や仮拝殿も完成。7月の末には、たくさんの人々の協力のもと、恒例の御田植神幸式(おんだ祭り)が無事に催されました。

ところで、壮大な自然に囲まれた阿蘇は美味しい物の宝庫。赤身が多く、適度な脂肪分を含むあか牛はすでに全国区の食材ですが、阿蘇にはあか牛を使った名物料理がたくさんあります。

昔ながらの郷土料理、阿蘇高菜を使った高菜めしや、田舎風のだご汁、高森田楽なども人気のご当地グルメ。また、地元産のそば粉&湧水を使ったそばも見逃せません。夏の疲れを癒しに阿蘇の美味しい物を食べに出かけませんか?

阿蘇の震災被害と復興状況

温泉や飲食店は元気に営業再開!迂回ルートで阿蘇へ!

今回の地震で大きな被害を受けた阿蘇市。道路の通行止めや建物の損壊などで、一時は温泉や宿、飲食店なども休業をやむなくされました。しかし、今はほとんどの飲食店や温泉などが営業を再開しています。

以前は多くの人で賑わっていた阿蘇神社隣の門前町商店街も倒壊した阿蘇神社を一目見ようと来るお客様で昔の賑わいを戻しつつあります。今はほとんどの店が営業していますので、散策がてら足を運んでみてはいかがでしょう。

国道57号には通れない区間がありますが、大津からミルクロードの方に入っていくルートを使用すれば、熊本インターから1時間20分ほどで阿蘇市に入ることができます。また、大分側からのルートも可能です。阿蘇市のホームページなどでも通行可能なルートの情報を掲載していますので、参考にしてください。

阿蘇の魅力って?

阿蘇でしか出会えない雄大な自然と温泉&自然が育むグルメ!

阿蘇の魅力といえば雄大な自然、良質な温泉、そして美味しいもの!

一年を通して様々な姿を見せてくれる阿蘇山には、活動中の火山を間近で見ることができる中岳火口(現在は立入規制あり)、78万5000㎡の大草原が広がる草千里、阿蘇外輪山の最高峰、標高936mの大観峰など観光ポイントがいっぱい。阿蘇五岳

「阿蘇の涅槃像」と呼ばれる阿蘇五岳。四季を通じて美しい眺望が広がる

阿蘇山のふもとにある内牧温泉は130を超える源泉をもつ豊かな温泉地。共同浴場から旅館、スパまで多様なタイプの温泉を楽しめます。

また、全国に約450社もある阿蘇神社の総本社である阿蘇神社もみどころの1つ。近くの門前町商店街には店先に阿蘇自慢の湧水が飲めるオリジナルの「水基」があります。

そして、あか牛、田楽、高菜めし、豆腐やサイダーといった湧水グルメなど、豊かな自然あふれる阿蘇には美味しいものがそろっています。 阿蘇市観光課

TEL/0967-22-3174

阿蘇の通行可能な道路マップと案内などはこちら

郷土料理 阿蘇はなびし

ジューシーなレア牛…上質な肉の旨みが弾ける一品!

阿蘇の大自然が育んだ素材と阿蘇人(あそんもん)の手によって作られたメニューを提供してくれる郷土料理の店。場所は阿蘇神社近くの門前町商店街です。

数あるメニューの中でも一番人気は「あか牛 牛カツ重」(並1890円、大1940円)。

適度な脂身のあか牛肉をレアな状態で味わうタタキのような牛カツ。ジューシーで柔らかく、あっさりしていて、特製ダシのきいたワサビ醤油とよく合います。郷土料理 阿蘇はなびし

口の中でとろけるような感触のレア具合。サラダ、だご汁、漬物付き

ほかにも、旨みが凝縮されたあか牛濃厚カレー(並1250円、大1300円)、そば(820円~)、だご汁(550円)など、阿蘇の味が楽しめます。 阿蘇 はなびし

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。