ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【たまご使用率0%】話題の「プッチンプリン 和むらさき」を食べてみた! 味も食感もまるで別物!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月29日(月)から全国で販売開始となった「プッチンプリン 和むらさき(税別146円)」。

プッチンプリンの紫色バージョンが発売されるということで、発売前から世間の注目を集めています。

そこで今回は、実際にどんな色合いなのか、どんな味がするのかを確かめてみたいと思います!

パッケージは、ほぼ紫

まずはパッケージをチェック。全体が落ち着いた紫色です。

『いつもと違うプッチンプリンなんです』という主張が強く伝わってきます!

 

カップ上部にあるフタは、どこか古風のある“和”なデザイン。

 

フタを取ってみると、紫なプリンが現れました。

パッケージの紫色とは対照的に、薄い紫色のプリンのようです。

ちなみに原材料を見てみると、なんと「卵」の文字がどこにもありません!どんなプリンだ。

グリコに問い合わせてみたところ、実際に卵は使っていないとのことです。

見た目だけではなく、味も気になって仕方がありません!

見た目も味もまるでちがう♪

いつもの容量で、ツマミを上方向へプッチン!

 

プルンッ、プルン♪

カップから飛び出し後、上下左右にプルプルと美味しそうに揺れています。さすがはプッチンプリン。

お皿の上においてみると紫いもの風味がすごいです! 顔を近づけずとも、ホックリとした香りがただよってきます。

 

すでにパッケージでネタバレしていましたが、プリン全体が“和むらさき色”というわけではありません。

プリンの上側には栗のソースがかかっています。

では早速、実食にうつりましょう。

ひとくち食べてみると、なめらかな食感♪

とはいえ、口の中ですぐにとろけてしまうのではなく、しっかりとした食べごたえがあります。

九州産の紫芋の甘味がほんのり。ミルク感のあるプリンです。

また甘い栗のソースとの相性がバツグン♪ 食べた後は、栗の甘さが鼻をスーッと抜けていきます。

これでもかというくらいに秋感を堪能

「プッチンプリン 和むらさき」は、通常のプッチンプリンで使われている卵と一切キャラメルソース使っていません。

そのため共通点は、形とプリンの取り出し方のみ。見た目も味も全く異なるものでした!

なかなか面白い味・食感に仕上がっていますので、気になる方はぜひ一度食べてみてはいかがでしょうか?

 

グリコ Bigプッチンプリン 和むらさき カップ155g

関連記事リンク(外部サイト)

海老の旨みがギュッッッッッと詰まったスープパスタ
もっちり和風デザート「和とミルク」から生八つ橋のような味わいの「栗ぷりん」が新登場
【ゼッタイに食べたい!】プッチンプリンの新作「和むらさき」バージョンが登場!

カテゴリー : グルメ タグ :
もぐナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP