ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「MTV VMAJ 2016」投票スタート、ジャスティン・ビーバーが最多4部門にノミネート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「MTV VMAJ 2016」投票スタート、ジャスティン・ビーバーが最多4部門にノミネート

年間の優れたミュージックビデオを表彰する音楽アワード「MTV VMAJ 2016」の投票が本日よりスタート、結果は10月3日オフィシャルサイトにて発表される。また、10月26日にはRIP SLYMEがホストを務めるイベント「MTV VMAJ 2016 -THE PARTY!!-」を生中継する。

「MTV VMAJ」は、音楽を“聞くもの”から“見て楽しむもの”へと変えた米国「MTV Video Music Awards」の日本版として 2002年以来開催している音楽アワード。アーティストたちが世に送り出した数々のミュージックビデオの中から、視聴者の投票により最優秀作品を決定する“ファンが選ぶ音楽賞”として、毎年賞の行方が注目されている。

この1年に発表されたミュージックビデオの中から選出された、17部門のノミネート作品が決定した。

今回最多となる4部門でのノミネートを獲得したのは最新アルバム「PURPOSE」が世界中で大ヒットを記録しているジャスティン・ビーバー(「最優秀洋楽男性アーティストビデオ賞」「最優秀洋楽アルバム賞」「最優秀ポップビデオ賞」「最優秀振付け賞」)。先日開催した来日公演では2日間で5万人を魅了し、稀代のポップスターとしての存在感を見せつけた。

ジャスティン・ビーバーに続くのはドレイク(「最優秀洋楽男性アーティストビデオ賞」「最優秀洋楽アルバム賞」「最優秀ヒップホップビデオ賞」)、フィフス・ハーモニー(「最優秀洋楽グループビデオ賞」「最優秀ポップビデオ賞」「最優秀振付け賞」)、そして日本からはBABYMETAL(「最優秀邦楽グループビデオ賞)「最優秀邦楽アルバム賞」「最優秀メタルビデオ賞」、西野カナ(「最優秀邦楽女性アーティストビデオ賞」「最優秀邦楽アルバム賞」「最優秀ポップビデオ賞」)の4組。

出身国もさまざま、ロック、R&B、ポップなど異なるジャンルで活躍するアーティストたちが、ときには同じカテゴリーで熾烈な争いを繰り広げるのもVMAJの醍醐味の一つ。各部門の最優秀賞を決定するのは、MTV視聴者をはじめ一般からの投票となる。投票はオフィシャルサイトにて本日9月1日から9月30日23:59 までの期間受け付け、10月3日に受賞作品を発表する。

関連リンク

「MTV VMAJ 2016」オフィシャルサイトVMAJ.JP

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。