ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

焚吐、話題のクリエイターとタッグを組んだ1st EP「トーキョーカオス e.p.」を10月リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

焚吐の1st EP「トーキョーカオス e.p.」が10月26日に発売されることがわかった。

焚吐はこの夏、池袋で60公演に及ぶストリートライブを7月22日〜8月31日まで20日間60公演を行ない、毎日違うセットリストで臨み、全300曲を歌い切った。そして、モデルを務めた池袋P’PARCO×タワーレコードのキャンペーンテーマである”TOKYO CHAOS”からインスパイアされ、池袋での経験と体験を詰め込んだのが今作「トーキョーカオス e.p.」だ。

制作陣には、焚吐作品のアレンジの大半を手掛けているNeru、2度目のタッグとなるカラスヤサボウ、そして今作で初めて組むササノマリイなど、次世代を担う話題のクリエーターが参加。2020年東京オリンピックに向けて、クールで格好良いTokyoサウンドを提示した作品となっている。

なお、池袋限定盤として発売された「人生は名状し難い」も、CDの完売を受けて急遽「人生は名状し難い(e.p. ver)」として新バージョンが収録されることも決定した。まだまだ続く焚吐の熱い夏に注目してほしい。

【焚吐 コメント】
「夏休み中、池袋P’PARCOエントランスにて行った「ノンブレス・ノンリプレスライブ」は、人生における一大事件とでも言うべき鮮烈なイベントでした。目と鼻の先で曲に聴き入る観客、一瞥しただけで通り過ぎてしまう大勢の人々、そして何より池袋という特異な地が発する圧倒的な情報量……路上ライブを経験したことのなかった自分にとってはあまりにも刺激が強すぎたのです。しかしそれによって湧き出たインスピレーションをどうにか早い段階で形に残したい、という思いでこの「トーキョーカオス」は生まれました。従来のルールや縛りは一切捨て去り、様々なメッセージ・音色・クリエイターの皆様のアイデアを寄せ鍋のごとく目一杯詰め込んだので、ぜひこの熱が冷めやらぬうちに、感動が色褪せないうちに味わってみてください。」

EP「トーキョーカオス e.p.」
2016年10月26日発売

JBCZ-4026/¥1,400(税込)

<収録曲> 

1.僕は君のアジテーターじゃない  

2.クライマックス         

3.四捨五入         

4.人生は名状し難い(e.p._Ver.)

『焚吐 ワンマンライブ“リアルライブ・カプセルVol.1″ 』
11月4日(金) 池袋RUIDO K3

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP