ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

緊急時にも安心できる!生活に即した「保存食」の今

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「東日本大震災」、「熊本地震」と近年立て続けに災害に悩まされている日本。

メディアやツイッター、FacebookなどのSNSでは、芸能人が炊き出しに言ったというニュースが話題にあがっていましたよね。

 

大型災害になると、全国から物資が送られてきますが、食べ物はなかなか「美味しいものが食べられない…」と嘆きの声があちらこちらであがっています。そこで最近注目を浴びているのが「保存食」。そこで今回は、「防災の日」にちなんで進化した「保存食事情」についてご紹介します。


CHANTO(チャント)2016-08-06 発売号br />
Fujisan.co.jpより

 

珍しい保存食が試せる「保存食カフェ」

 「保存」をテーマにした商品を取り扱うコンセプトショップ「Terra Cafe Bar(テラカフェバール)」では、オシャレなオープンテラスにて、保存食をそのまま試食するほか、野菜のペーストや酒粕などを「ちょい足し」して食べることができるのです。なかなか手に入らない軍隊で作られた保存食なども試せるなど、珍しい保存食を手にすることが出来るそうです。

Terra Cafe Bar HP

http://terracafebar.tokyo.jp/

 

手間暇かけた逸品が手に入る「保存食販売店」

食材を無駄なく使って、食料を蓄えるのが、漬物やジャム、ピクルスにコンフィチュール。保存食は、先人たちが残した知恵なのです。そんな保存食を買うことができるのは、石川県にある「stoock(ストック)」。ここでは、石川県、富山県、北陸で作られた保存食を専門に、ストック用に加工された肉魚、野菜、果物に、お菓子、和洋調味料、飲料などを扱っているのですが、地元の生産者や調理師の方々が、手間ひまかけて作る保存食が多数手に入ると今、全国から注目が集まっているそうです。

Stock HP

http://www.stoock.jp/

 

通販で買うことが出来る「ごちそう保存食」

 帝国ホテルから販売されているカレーは、手間と時間を惜しまず、じっくりと丹念に作られたビーフカレー。こちらは、6缶入でお値段5670円!
※2015年9月30日をもって販売終了

帝国ホテル HP

https://shop.imperialhotel.co.jp/products/detail.php?product_id=43

 

 

 他に、ロブスターの本場、カナダのプリンスエドワード島で捕れた最高品種のロブスターを丸ごと1匹缶詰にした、世界で年間3000個しか生産されない、なんとも貴重な缶詰は「ACADIAN SUPREME ロブスター」一缶2500円。

「ACADIAN SUPREME  HP

http://www.assistvaleur.co.jp/lineup/spl_top.html

 

さらに、サクサクッとした食感のプリン? の正体は、フリーズドライの宇宙食。こちらのお値段は、一袋525円で、アイスや杏仁豆腐、ケーキなどのスイーツから、お餅にたこ焼き、ピラフなどもあるそうです。

JAXA宇宙センターミュージアムショップ「UNiBO」ユニボ HP

http://www.unibo.jp/products/list.php?category_id=10

 

保存食がこれからどんな進化を遂げるのか、期待してしまいますよね。どんどん保存食が美味しくなると、買ってきてすぐに食べちゃうから、保存できない…なんてことがあるかもしれませんね。

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP