体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お祭りのように賑やかなバンコクのナイトマーケット10選

お祭りのように賑やかなバンコクのナイトマーケット10選
Photo credit: Asami Kimura「Thailand」

Photo credit: Asami Kimura「Thailand」

こんにちは。Compathy MagazineライターのSaoriです。友達や家族にタイならではのお土産を探したい、タイ旅行の記念になるような物が欲しい、そんな人におすすめしたいのがバンコクのナイトマーケット。タイらしさ溢れるナイトマーケットでお店の人とのやり取りを楽しみながらお土産を探してみませんか。

バンコクのナイトマーケットとは?

バンコクには夜のみまたは昼間から開いている市場がたくさんあります。中でも夜に開いているマーケットのことをナイトマーケットといいます。
ナイトマーケットにはお土産物はもちろん、地元の人にも人気の品物や食べ物を売る屋台などが揃い、ちょっとしたお祭りの様。バンコクの観光スポットというだけでなく、地元の人々の生活にも触れることのできる場所としておすすめです。

バンコクのナイトマーケット10選

ひとくちにナイトマーケットと言っても取り扱う商品やマーケットの得意分野はそれぞれ違います。「ナイトマーケットには行ってみたいけれど、どこに行けばよいか迷ってしまう」という人も多いでしょう。そこで、バンコクの代表的なナイトマーケット10箇所についてそれぞれの特徴をまとめてみました。

1. JJグリーン

Photo credit: Kaversee (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

Photo credit: Kaversee (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

モーチット駅もしくはチャトチャク公園駅を出て公園内を西に向かい歩いていくと見えてくるのがJJグリーン。
青空市場と建物内市場のエリアがあります。かつてはヴィンテージやアンティークをウリにした市場だったそうで、現在でも洋の東西問わず、様々な国のアンティークを取り扱ったお店があります。もちろん、屋台やレストランで食事をすることもできます。
おすすめしたいのは、コンテナを利用して作られたオープンエアのバー。ナイトマーケットを一望することができます。夜のナイトマーケットの景色はなかなかきれいですよ。

JJグリーン(JJ Green)
住所:1 Kamphaeng Phet 3, Chatuchak, Bangkok
電話:+66 92 461 5951
営業時間:10:00~19:00(月曜日~水曜日)、10:00~翌2:00(木曜日~日曜日)
定休日:無休
行き方:モーチット駅、チャトチャク公園駅より徒歩約10分

2. アジアティークザリバーフロント

Photo credit: Kazunori Inoue「Bangkokへの旅 その2」

Photo credit: Kazunori Inoue「Bangkokへの旅 その2」

アジアティークザリバーフロントは、チャルンクルン地区、ファクトリー地区、タウンスクエア地区、ウォーターフロント地区という4つのエリアに分かれています。
チャルンクルン地区には雑貨やお土産物を取り扱ったお店が並び、ファクトリー地区にはファッション関連のお店がそろっています。
タウンスクエア地区にはレストランが多く、伝統人形劇の劇場があります。
ウォータフロント地区の魅力はチャオプラヤ川を眺めながら食事のできるレストランがあること。特に夕焼けや夜景を見ながらの食事がおすすめです。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。