ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「音霊2016」2ヶ月の開催を経て8/31に閉幕

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「音霊2016」2ヶ月の開催を経て8/31に閉幕

7月1日から62日間、鎌倉・由比ヶ浜海岸で開催された「音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2016」が8月31日に幕を閉じた。

「OTODAMA 2016 最終日 ~また来年会う日まで~」と題したこの日は、7月1日の音霊初日をワンマンで飾った平井 大、元キマグレンのクレイ勇輝、L.AからGreg Holden、chay、エグスプロージョンの5組が登場、大いに会場を沸かし2016年の夏を締めくくった。

今年も恒例となった角松敏生、℃-ute、ゴスペラーズ、Silent Siren、清水翔太、スキマスイッチ、miwaの他、飯田里穂、河村隆一、トレンディエンジェル、美川憲一など初出演のアーティストや芸人も多数出演。総出演者数は200組を超えた。

ア―ティストのライブ以外にも、神奈川県の高校軽音楽部を対象としたバンドオーディション「OTODAMA甲子園」、来年のデビューを目指すガールズグループオーディション「OTODAMA COLLECTION」の公開審査、稲川淳二の「怪談話」、浅草キッド・玉袋筋太郎の「スナック玉ちゃん」などジャンルを越えたエンターテインメントを提供。

4月のレセプションに始まり、開幕後は由比ヶ浜海岸のフォトスポットとなったお洒落な外壁、手ぶらで買い物ができ便利だと好評だった「Liquid Pay」、客席に飛びだすことでアーティストと観客の一体感を生んだステージ、インターネット動画配信サービス「AbemaTV」でのライブ生放送など新たなチャレンジでアーティストや来場者を楽しませた。

この先音霊は、昨冬同様、11月に音霊2016の後夜祭となる「OTODAMA空フェス」を都内で開催。そして2017年夏の開催に向け準備がスタートする。

関連リンク

音霊 OTODAMA SEA STUDIO オフィシャルサイトhttp://www.otodama-beach.com/
音霊 Twitterhttps://twitter.com/otodama_otodama
音霊 Facebookhttps://www.facebook.com/otodama.sea.studio

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。