ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パーソナルな情報を記憶し、必要なときに教えてくれる魔法のbot「Wonder」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キーワードさえ入力すれば、どんなことでも瞬時に調べられる時代となって久しいが、大切な記念日や自宅のプリンターの型番といったパーソナルな情報は、一般的な検索エンジンでは探せない。

備忘として、「Evernote」「OneNote」などのメモアプリに記録しておくという手段もあるが、記録する情報が膨大になると、必要な情報の検索に手間がかかるのが難点だ。

・ロボットと会話する感覚で、必要な情報を瞬時に検索

米アリゾナ大学の学生ジョーダン・シンガー(Jordan Singer)氏と、同大学の卒業生であるShivkanth Bagavathy氏は、ロボットと会話するような感覚で、必要な情報を簡単に抽出できる「Wonder(ワンダー)」を、開発した。

ユーザーは、「Wonder」のウェブサイトにスマートフォンの電話番号を登録し、SMS(ショートメッセージサービス)で「Wonder」の“bot”とテキストメッセージをやりとりする仕組み。

専用のスマホアプリなどをダウンロードする必要がなく、通常のSMSと同様に操作できるシンプルさが特徴だ。

たとえば、SMSで「My locker combination is 12,24,32(私のロッカー番号の組み合わせは、12、24、32) 」というメッセージを「Wonder」に発信し、「Remembered(記憶済み)」という応答があれば、「Wonder」での記録が完了。

「What is my locker combination?(私のロッカー番号の組み合わせは?)」と「Wonder」にたずねると、記憶させたとおり「12,24,32」という答えが返ってくる。

・英語を使えば、日本でも利用可能

国際電話番号形式でスマートフォンの電話番号を登録し、英語でbotと会話ができれば、日本でも「Wonder」を利用可能。

新しい備忘ツールとして、活用できそうだ。

Wonder

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP